冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




七五三の本来の祝い方は?

七五三は、三歳と五歳の男の子、三歳と七歳の女の子を近くの神社に詣でさせ、成長と幸福を祈る風習で、関東を中心として行われた行事ですが、今では、全国に広まっています。
昔はきまった日ではなく、11月の吉日を選んで行っていましたが、江戸時代、徳川三代将軍の子、徳松の祝いが15日に行われたことから、この日に祝うようになったそうです。
また、七五三という名で呼ばれるようになったのは、明治以降のことだそうです。
しきたりでは、三歳児の場合は、お宮参りのときに 里方から贈られた祝い着を着ます。
男の子の正装は、紋付きで熨斗目(のしめ)模様、あるいは色無地紋付き羽二重の着物に揃いの羽織で、これに仙台平(せんだいひら)の袴をつけます。
女の子は、三歳、七歳ともに友禅模様の着物に結び帯で、三歳では、その上に被布(ひふ)を着せることもあります。 

しきたりはしきたりとして、無理をせず現代らしい服装をすればよいのではないでしょうか。
神社へは子供を中心に、ご家族でお参りに行きます。
また、子どもの成長を見守ってくださる父方・母方の祖父、祖母をお誘いするのもよいでしょう。
宮司様にお祓いをしてもらったときは、お礼を包み、表書きは「御初穂料」とします。
お参りがすんだら、その足でお祝いをくださった近所の方に、内祝いとしてお赤飯や千歳飴を持って、子どもと共にお礼のあいさつに行きます。
その日は、双方の祖父母をはじめ、近い親戚を招いて祝いの膳を囲んでお祝いをするのもよいでしょう。
七五三のお祝いは、肉親や近い親類を中心に祝うものですが、知人や隣近所に七五三の祝いをする子どもがいれば、日頃のつきあいの程度にそって、ちょっとしたお祝いの品を贈るのもよいでしょう。
贈るものは、当日身につけるリボン、髪飾り、ぞうり、バッグなどが多いようですが、この場合は両親の希望を聞いてからにします。
また、玩具や学用品など、子どもが喜ぶものもよいでしょう





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.