冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




「年越しそば」のいわれって?

大晦日を「除夜」「年夜(としや)」「年一夜(としひとや)」「除夕(じょせき)」「年越し」などと言いますが、古くは日が暮れると年棚に供え物をし、家族揃って年取りの祝い膳を食べていたようです。
年越しそばを食べるようになったのは、江戸時代以降のことだそうです。 呼び名も「みそかそば」「つごもりそば」「運気そば」「福そば」「寿命そば」など、各地でいろいろ。
腰が強く長いので、そばを食べて寿命が延びますようにとか、末永く繁盛しますように、という願いを込めたものと言われています。
また、金細工師が、蕎麦粉を丸めころがし、畳板についた金粉を集めたことから、来年もお金が集まるようにと願って、年越しそばが始まったとも言われています。
今年の年末は、縁起の良い年越しそばをもりもり食べて盛運の新年をお迎えください。なお、おそば屋さんに頼むときは、大晦日は大変混みますので、お早めにご予約を。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.