冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




初節句の贈り物には、どんなものがありますか?

三月三日は、優しく美しく育ってほしいと願う女の子の節句(桃の節句)。
五月五日は、元気に逞しく育って欲しいと祈る男の子の節句(端午の節句)です。
特に、赤ちゃんが生まれて初めて迎える初節句には、現在でも里方の親から、健やかな成長を願って、女の子には雛壇飾りや内裏雛、男の子には武者人形や鯉のぼりを贈る風習が残っています。
また、親しい親戚からも他の人形や調度品などを贈ったりします。

しかし、最近は住宅事情から飾る場所や鯉のぼりを立てる場所がない場合があります。また、贈り物が重なって困る場合もありますので、贈る時には、あらかじめご両親の希望を聞くのがよいでしょう。
人形にこだわらず、人形等が描かれた軸や額、玩具もよいし、赤ちゃんの衣類なども喜ばれるようです。
贈り物は、できるだけ早めに手配して、遅くとも節句の一週間前には届くように贈りましょう。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.