冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




洋装礼装のミスとミセスの違いは?

洋装礼装の場合は、和装のように年齢とか、ミスかミセスかで着分けることはしません。時間帯によって着るものを選びます。
昼間の正式礼装といえば、アフタヌーンドレスです。アフタヌーンドレスの場合、型も長さも自由ですが、肌をあらわにしないのが原則です。
したがって、襟元が詰まり、袖も長いデザインになります。素材も光らないもので気品高くシックに装います。
アクセサリーはパールのネックレスや上品なコサージュなどがよく似合います。
これに対して夕方6時以降は、襟ぐりも深く肩や袖、背中を露出したデザインで、光沢のある素材の華やかなイブニングドレスになります。アクセサリーのほか靴やバッグもそれに準じます。露出した肌に宝石のアクセサリーはよく似合います。
実際、夜の第一礼装のイブニングドレスを着る機会は一般にはほとんどないと思います。 しかし、ディナーパーティや結婚披露宴などの席で、和服の留袖や振り袖同様に、セミイブニングドレスが礼装として着られています。セミイブニングドレスは肌を露出するタイプのイブニングドレスよりはずっと着やすいと思います。
この他、婚礼服としてカクテルドレスがあります。カクテルドレスは、昼間の礼服アフタヌーンドレスと夜の礼服イブニングドレスの中間のものとして、イブニングドレスよりは軽い感じで略礼服として着られます。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.