冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




端午の節句の時に、「ちまき」を食べる意味は?

はしらのきずは おととしの
五月五日の せいくらべ
ちまきたべたべ にいさんが
はかってくれた せいのたけ
きのうくらべりゃ なんのこと
やっとはおりの ひものたけ〜
童謡「背くらべ」の歌詞にもでてくる「ちまき」が、5月5日の端午の節句(こどもの日)に食べられる由来を紐解くと…

昔、中国が戦国時代だった頃、人々から大変慕われていた屈原(くつげん)という詩人を供養するために楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包み、邪気を払う五色の糸で縛って川へ流したそうです。これが「ちまき」の始まりだそうです。やがて、5月5日に「ちまき」を作って”災いを除ける”風習ができ、端午の節句となって、「ちまき」とともに日本に伝来しました。
「ちまき」には”子供が無事に育つように”との願いが込められているのですね。
ところで静岡地方では、端午の節句に「ちまき」ではなく「柏餅」を食べますよね。その理由は、平安時代に「ちまき」が伝来しましたが、その後、江戸時代に端午の節句が五節句のひとつになり、「柏餅」が江戸の主流になったそうです。そんな時代背景があり、現在、関東では「柏餅」、関西では「ちまき」を食べる傾向があるようです。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.