冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




年忌法要には、どんな準備を?

亡くなった人の祥月命日に営む追善供養の法要を年忌法要と言います。祥月命日とは亡くなった月日のことです。
年忌法要は、あらかじめ準備をしておくとスムーズにいきますので、おすすめします。
日時は、三ヵ月前か、遅くとも一ヵ月前には決定しておきたいものです。日取りは命日より遅くならないようにします。最近は、命日の前の土曜日や日曜日に日を繰りあげて行うことが多くなってきました。また、時間は食事の時間を考慮し、午前11時頃から始めることが多いようです。
所要時間は、法要が一時間以内、お墓参りに一時間(会場からの移動時間も考慮)、食事に一〜二時間位が目安でしょう。
日時を決めたらすぐ会場を手配します。菩提寺か自宅が一般的ですが、お食事会場は別の場所を用意するケースが多いようです。
また、故人様との関係を考慮してお招きする人を決めます。一周忌は、近親者や友人・知人、仕事関係や葬儀の時にお世話になった人々など。三回忌になると近親者など、七回忌以降は内輪だけで営む場合が多いようです。
日時と会場が決まったら一ヶ月前には案内状を出します。出欠の返信用のはがきを同封します。
また、当日までに参会者への引出物を用意します。のし紙の表書きは「志」とし、贈り主(施主)を書きます。

《当日のご準備として》
お寺を会場とする場合には、施主側で準備しなければならないものを、あらかじめ菩提寺に確認しておき、用意します。位牌は施主が自宅から持参します。
自宅で営む場合は、仏壇を掃除し仏具も揃え、線香・ローソク・お花などを準備します。仏壇の前には供物壇を設けます。
もちろんお墓も掃除しておきます。
平安祭典では、年忌法要も承っております。法要料理、引出物も豊富にご用意しております。

※法要についてのお問い合わせは……
  平安祭典・ご葬儀仏事相談センターへ
  ■平安祭典静岡【フリーコール】0120−481−644
  ■平安祭典清水【フリーコール】0120−001−194





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.