冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




除夜の鐘の由来は?

仏教では煩悩を祓うことにより解脱し、悟りを開くことができるとされています。
本来は、日頃から仏教の修行を積むことにより、これらの煩悩(心の乱れ)を取り除き、解脱することができるのですが、除夜の鐘には、厳しい修行を積んでいない人々にもこうした心の乱れや汚れを祓う力がある、という信仰が現在まで伝わり、除夜の鐘の儀式となって続いているのだそうです。
除夜、つまり大晦日に百八つの鐘を打ち、人間の持つ百八つの煩悩を追い払い、心身ともに清浄になって新年を迎えるように、という意味があるのですね。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.