冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




福茶って?

若水(わかみず)って、ご存知ですか?若水とは、元日の朝に初めて汲む水をさして言います。
かつては、井戸や谷川の水を汲み、歳神さまに捧げたり、料理などに使っていました。最近では、井戸がある家庭も少なくなりましたが、小さな輪じめを飾った水道の蛇口から若水を汲むことは可能です。この若水を沸かして入れたお茶のことを「福茶」と言い、邪気を払うものとされてきました。
現在、「福茶」と言えば、元日に若水を沸かし、中に黒豆・結び昆布・梅干し・山椒(さんしょう)などを入れた茶。また、結び昆布と小梅干しに湯または煎茶を注いだものをさします。
また「福茶」は、長寿を祝い、正月・節分・大みそかなどに飲まれています。正月のものを特に大福茶(おおぶくちゃ)と言います。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.