冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




「輪くぐりさん 」の意味・作法を教えて………

茅の輪(ちのわ)をくぐり厄除けを祈願する『輪くぐりさん』(夏越の祓〈なごしのはらえ〉)は、毎年、一年のちょうど折り返しにあたる6月30日、県下でも多くの神社で行なわれています。
輪くぐりさんは、正月から半年間の罪やけがれを清め、残り半年の無病息災と幸福を祈願するという意味があるそうです。
茅の輪のくぐり方は(右図参照)……
(1)まず、茅の輪の前に立って
    軽く礼をします。
(2)左足からまたいで輪をくぐり、左回りに
    回って元の位置に戻ります。

  (3)茅の輪の前で軽く礼をします。
  (4)右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。
  (5)茅の輪の前で軽く礼をします。
  (6)左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻ります。
  (7)茅の輪の前で軽く礼をします。
  (8)左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進みます。
  (9)二礼二拍手一礼の作法でお詣りします。
※茅の輪をくぐっているときに神拝詞(となえことば)を言いながらくぐります。
   『水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらい)する人は千歳(ちとせ)
   の命延(の)ぶというなり』
※地域や各神社で、茅の輪くぐりの時の神拝詞が異なりますので、
   各神社でお尋ねください。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.