冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




お盆の由来は?

お盆は、全国的にお盆休みがあるほど、私たち日本人にとって、とても大事にされてきた行事です。
お盆の由来は、お釈迦様の弟子が、亡き母が苦しんでいると知り、お釈迦様の教えに従い、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられたということだそうです……それ以来(旧暦)7月15日は、ご先祖様に報恩感謝をささげ、供養をする重要な日となったそうです。日本では、飛鳥時代(606年)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。
各地で行われるお盆の行事は、宗教や風習によってさまざまですが、一般的に祖先の霊がお盆に帰ってくると考えられています。日本のお盆は、祖先の霊と一緒に過ごす大切な期間なのです。
お盆になると寺院では「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という法要を執り行います。
各家庭では、迎え火を焚き、お供えや提灯を飾ってお迎えし、丁寧にご供養します。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.