冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




いま流行っている「ご朱印(しゅいん)」って何?

「ご朱印」とは、神社や寺院に参拝した時、社務所等でいただくことができるものです。
元々は、自分でしたためた「誓詞(せいし)・願文(がんもん)」を神社に奉納した「証(あか)し」として、その神社の名号(みょうごう)を墨書し、神印をいただいた事が起源だそうです。このため、昔の「ご朱印」は右肩のところに「奉納誓詞」と書かれていました。お寺の場合は「納経」が起源と言われています。
今日では、「誓詞・願文」を供えなくとも「ご朱印」が受けられ、参拝の記念として、気軽にいただくことができます。そのためか、パワースポットの一つでもある神社や寺院を訪れ、「ご朱印」を集める、いわゆる「ご朱印ガール」が急増しているようです。
しかし、本来ご朱印は単なる記念スタンプではありません。お札やお守りと同じように、神仏と人を結ぶ意義ある証しなのです。誓詞・願文はなくとも、ご参拝の後に「ご朱印」をお受けになり、神仏の心のこもった有り難いものとして大切にしている人も多いようです。
いただいた「ご朱印」に書かれている言葉の意味を確認してみるのも、ご朱印集めのひとつの楽しみになると思います。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.