冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




よく耳にする葬祭ディレクターって?

葬祭ディレクターとは、葬祭ディレクター技能審査協会が実施し、厚生労働省が認定する葬祭ディレクター技能審査に合格した者に与えられる称号です。
葬祭ディレクターには、知識や技能レベル、実務経験により1級葬祭ディレクターと2級葬祭ディレクターに区分されています。
2級葬祭ディレクターは、個人葬における受注から会場設営、式典運営までの一般的な知識と技能を有し、葬祭実務経験が2年以上の実務経験者です。
1級葬祭ディレクターは、全ての葬儀における受注から会場設営、式典運営までの詳細な知識と技能を併せ持ち、葬祭実務経験が5年以上、または2級葬祭ディレクター合格後、2年以上の実務経験を有する者です。また、2級が個人葬までを職分としているのに対して、1級は社葬までプランニングすることができます。
このように、葬祭ディレクターは、葬祭サービスの提供に必要な専門レベルの葬儀知識や技術のほか、公衆衛生・法律・行政手続・宗教等の関連知識を総合的に有する信頼の葬祭エキスパートです。
あいネットグループには、この葬祭ディレクターの1級が84名、2級が28名在籍。経験豊かなスタッフが想いをひとつに、万全の体制を整えております。
もしもの時は、ご家族様の立場になり、親身になってお手伝いいたします。どんなに小さなことでも何なりとご相談ください。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.