冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




一周忌の法要(仏式)の準備は?

一周忌法要は、故人が亡くなって1年目の同月同日(祥月命日)に行う法要で、年忌法要のなかで最も重要な法要とされています。
早めに準備・手配等をし、当日を迎えましょう。
当日は、僧侶による読経→焼香→お墓参り→会食が、主な流れです。
2〜3ヶ月前までに準備・手配
① 日程を決める
祥月命日が平日にあたり、都合がつかない場合は、直前の土日祝に前倒して実施するのが一般的です。 出席するご親族等にも確認し、僧侶の都合も合わせて確認し、日程を決めるとよいでょう。

② 日程が決まったら、法要会場を決める
寺院・自宅・葬祭会館(あいネットホール)・ホテルなどで法要を行います。

③ 会食会場を決定・予約する
まずは 「会食をする・しない」のいずれかを決めます。 会食は法要後に場所を移して、近くの料亭やレストランなどで行う場合もあります。葬祭会館でしたら、法要後も場所を移さず会食もできます。
※地域によって、会食を行なわない場合は、法要の後、引き物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰りいただきます。

④ 法要の案内をする
一周忌法要を親族だけで行なう場合には電話連絡のみでもよいでしょう。 親族以外をお招きする場合は、葬儀の際の芳名帳などを参考にして、返信用のハガキを同封した案内状を送ります。

⑤ 引き物を決める
一周忌法要の引き物に使われるものは、実用品や食品などの消費されて無くなるもの(洗剤、石鹸などの実用品や、海苔、お菓子、お茶などの食品)が一般的です。
4〜2週間前までに準備・手配
⑥ お料理・引き物の手配
僧侶に会食へのご出席を確認し、出席人数を関係先に連絡します。

⑦ 車両の手配
法要会場から、会食会場への移動方法・人数を確認し、手配します。(自家用車の台数・バス・タクシーなど)
前日に準備・確認
⑧ 持参する物などを準備する
お布施・お供物・お花・位牌・遺影写真・引き物(招待客人数の再確認チェック)・喪服。
※僧侶にはお布施以外に、お車代(寺院以外の場所で法要を行う場合)、 御膳料(会食を辞退された場合)、卒塔婆料(寺院に確認)を用意します。
法要当日
⑨ 早めに会場に行き、招待客の到着を待ちます。
※一周忌の法要について、お気軽にご相談ください。
・平安祭典静岡 TEL.054-285-1411
・平安祭典清水 TEL.054-351-2200
・平安閣    TEL.0120-444-254





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.