冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




「追善供養」とは?



死者の冥福を祈るために供養することです。仏教では、死後49日までに7度の審判を受け、故人の次の生まれ変わりが決定されると言われています。最初の審判が「初七日」。その後、三途の川を渡って14日目の「二七日忌」、21日目の「三七日忌」、28日目の「四七日忌」、35日目の「五七日忌」、42日目の「六七日忌」、49日目を「七七日忌」(四十九日忌)、ここまでに7回の審判を受けます。裁かれる罪は生前の殺生、盗み、邪淫妄語、飲酒の5悪だと言われます。善行は造寺起塔、布施です。7度目の裁判が最終的なもので、この結果で、来世は「地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上」の六道のどこかへ行くとされています。この審判の間、遺族がお灯明を上げて花を飾り、香をたき、僧侶に読経をしてもらって生前の善行を追加してもらうこと、これが「追善供養」となるわけです。この追善供養によって、ほとんどの死者が地獄、餓鬼、畜生、修羅の世界には行かないですむ、と言われています。最近では初七日と四十九日忌に重きをおいて、他を省略するケースが多いようです。(場合によっては四十九日忌ではなく、五七日忌のところもあります)一般的に四十九日忌までを「中陰」。最後の四十九日忌を「満中陰」と呼び、「忌明け」となります。この日に納骨(埋骨)をすることが多くあります。(地域によっては三十五日忌や火葬後にすぐ納骨する場合もあります)





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.