冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




「年忌法要」とは?



故人がなくなってから100日目の法要を『百ヶ日』といいます。泣き暮らした日々にもそろそろ別れを告げる、という意味で「卒哭忌(そっこくき)」とも呼ばれます。また、その墓地の無縁仏に挨拶する、という意味で施餓鬼供養をするところもあるようです。その場合は、施主はお布施の他に「御施餓鬼料」を包みます。亡くなった翌年の祥月命日(亡くなった月日と同月同日)に親戚、友人知人を招いて『一周忌』を行います。曜日の関係で同月同日に集まるのが難しい場合には、祥月命日より前の、皆が集まりやすい日を選んで供養します。数ある法事の中では盛大に行われるのが一般的です。一周忌以外は亡くなった年を「1」と数えて法要をします。『三回忌』は一周忌の翌年に行います。大掛かりな法要を行うのであれば、遺族の方は喪服を着ます。それほどでもなければ略喪服で構わないのですが、お客様よりは格を上にしましょう。三回忌以降は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌がありますが、中でも七回忌、十三回忌、三十三回忌などが主な年忌法要になります。地域の慣習によって違いますが、一般に三十三回忌か、または五十回忌で「弔い上げ」といって打ち切るようです。その後は「先祖代々」として供養します。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.