冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




お葬儀の後で訃報を知りました。どうすればよいでしょう。



連絡がうまく伝わらなかったり、海外などへの長期の出張などで、葬儀の後で訃報を知ったということがあります。その場合は、とりあえずすぐに電話でお悔やみを述べて先方の都合を聞き、できるだけ早く弔問に伺いましょう。
弔問の際は、代理人などがお香典を届けていない場合には、『ご霊前』と表書きしたお香典を用意します。(四十九日を過ぎてしまった場合には、『ご仏前』となります)
先方を訪ねたら、弔問できなかった理由をくどくど説明はせずに、とにかく非礼をお詫びすることが大切です。それから、「ご霊前にお供えください。」と述べてお香典を差し出し、仏前におまいりさせていただきましょう。もし、既にお墓に納骨が済んでいた時には、お仏壇でお参りさせてもらいます。
訪ねる時期によっては、挨拶回りやお香典返し、納骨の準備などで、先方が忙しくしている時もあります。必ず都合を聞くようにし、突然出かけたり、長居をしないようにしましょう。時間が許すようであれば、故人との思い出などを語って故人を偲ぶのも良いでしょう。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.