冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




来年が厄年なのですが、「厄年」について教えてください。



厄年とは・・・
「人生のうちで、災難にあう恐れが高く、用心して身を慎むべき年」とされている風習です。これは古代中国の陰陽道の考え方からきたもので、平安時代の公家社会に取り入れられたのが始まりです。
時代や地方によって多少の違いはあるようですが、数え年で男性は25歳、42歳、61歳。女性は19歳、33歳、37歳が一般的です。特に男性の42歳は「死に」通じ、女性の33歳は「さんざん」に通じるということから、「大厄」として結婚、建築、旅行などを慎む方が良いとされています。
また、厄年の前年を「前厄」や「入り厄」、厄年を「本厄」、翌年を「後厄」や「はね厄」と呼んで忌む事が多く、厄除け祈願などをします。
厄年についての慣わしは一見迷信のようですが、42歳といえばそろそろ生活習慣病や高血圧、心臓障害などを起こしやすくなる頃といえます。女性も出産や子育てなどで体力を消耗したり、乳がんや子宮がんの発生率も高くなってくる時期とみてよいでしょう。昔の人は、そういう時期を厄年といい、健康や生活を省みて、気を引き締める機会にしていたのかも知れません。
厄除けは、厄年の前年の大晦日やその年の年頭、または節分の日に神社にお参りします。「厄払い」してもらうのもいいかもしれませんね。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.