冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




数珠はなぜ持つんですか?



数珠は念仏を唱える際に、何回唱えたかを数えるために用いられたもので「念珠」とも言います。数珠の108個の玉は「除夜の鐘」と同様に煩悩を表していると言われます。そのため人間の煩悩を念珠が引き受けてくれる、として、厄よけやお守りとしても身に着けられたりしていました。最近では略式の数珠がアクセサリーのブレスレットがわりとしても流行しています。数珠の玉の数は、基本的には108個の玉と、房が付いた母珠でできていますが、持ちやすいように略した玉数の数珠もあります。

数珠の持ち方

略式の数珠は、お釈迦様が、愛用されていた菩提樹の数珠を6人の高弟に分け与えたのが始まりと言われ、108を2で割った54個、3で割った36個、4で割った27個、6で割った18個がよく使われます。

◆平安祭典静岡仏壇センター TEL.054-285-1411
◆平安祭典仏壇ショールーム清水 TEL.054-351-2200

◆協力
 ロイヤル セント ヨーク・エリザベート・平安祭典静岡・平安祭典清水





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.