冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




 挙式にふさわしいウエディングドレスって?

チャペルでの厳粛な儀式に臨むための服装。
これがウエディングドレスの本来の意味であり、あり方です。このことを忘れずに、ドレス選びをすることが最も大切な基本であることを覚えておいてください。
挙式にふさわしいのは、花嫁の純潔を意味する白のウエディングドレス。襟がつまっていて、長袖、フルレングス、トレーンを引くものなら申し分ありません。つまり、神の前で永遠の愛を誓うのですから、肌の露出が少なく、清楚なイメージであることが大切なのです。
もし、どうしても、デコルテが 大きく開いたものや、ビスチェタイプのものが着たいのであれば、式の時だけケープやオーバーブラウスを着たり、ロングの手袋をして肌を隠すようにするとか、披露宴でのみ着るようにするか、決めたほうが良いかもしれません。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.