冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




 いまどきの長寿のお祝いの仕方は?

長寿の祝いは、賀寿の祝いとも言い、その人の誕生日や敬老の日等に、家族・近親者が、ずきん・ちゃんちゃんこ・座布団を贈り、長寿を喜び、ますますの元気を願ってお祝いします。
ずきん・ちゃんちゃんこ・座布団の色は、
還暦(60歳)が赤色。
古希(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)が紫色。
米寿(88歳)・卒寿(90歳)が金茶色。
白寿(99歳)が白色。
百賀(百歳以上)が黄金色。
というように年齢によって異なります。

それとは別に、最近は心身ともに元気な方が多くなり、いろいろなお祝いをしているようです。例えば、ゴルフの好きな人なら、○○記念ゴルフコンペ大会、旅行が趣味なら家族でお祝い旅行、歌が好きなら祝カラオケ大会をするとか、お祝いの仕方もさまざまです。また、趣味やライフワークで何かに打ち込んできた人なら、記念出版や展示会・発表会などの企画も、品物のプレゼントにはない印象深いお祝いになると思います。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.