冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




 神式の葬儀スケジュールを教えて。

神式では、故人の霊を祖先の霊と共に家にとどめ、一家の守護神(氏家)として祭られます。臨終から一家の守護神として祭られるまでの、すべての儀式が神葬祭と呼ばれます。 また、神式の葬儀では、香(こう)ではなく、榊を使います。ですから、焼香はなく、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行うことが基本になります。
神式では、神社を葬儀の式場にすることはありません。自宅、あるいは専門の葬祭会館に神職を招き、儀式を執り行います。
故人を安置した後、納棺の儀、通夜祭、遷霊祭(せんれいさい)と続きます。 その間に氏神や近くの神社に故人の死亡したことを告げる帰幽奉告(きゆうほうこく)の儀、出棺までの朝夕に食物を供える柩前日供(きゅうぜんにっく)の儀、墓所を祓い清める墓所祓除(ぼしょばつじょ)の儀などがあります。現在では、かなり簡略化しているところもあります。
主な儀式は、仏式と同様に通夜祭、遷霊祭を死亡の翌日にとり行い、その次の日に葬場祭、出棺祭があります。出棺のあとは、家を祓い清める後祓いの儀、火葬祭、埋葬祭を行って最後に帰家祭をして終わります。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.