冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




 七五三の由来を教えて。

七五三は子を想う親の気持ちを形にした神聖な儀式です。もともと宮中や公家、武家で行われていた行事が広く行われるようになったもので、七五三とよばれるようになったのは、明治時代になってからと言われています。
3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置き」、5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着」、7歳は女の子が着物の付けひもをとって帯を使い始める「帯解(帯祝い)」の祝いがその由来だそうです。
旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たったことから11月15日に行われるようになったそうです。今日では11月15日にこだわらずに10月から11月までの休日に行われています。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.