冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




もしもの時、喪主の心得は?

本来、喪主様は亡くなった故人様に代わってご葬儀を主催し、弔問を受ける重要な立場にあるので、故人様にいちばん近い人が務めます。
夫や妻が死亡したときはその配偶者が。配偶者が死亡しているときや高齢の場合はその子供が。結婚していて姓が変わっている子供でも差しつかえありません。子供がいない場合は親か兄弟姉妹、あるいは叔父や叔母、甥や姪がなることもあります。未成年の子供が喪主になる場合には、叔父などの親族のうちの一人が後見人となります。故人様に縁者がいない場合は、友人などが喪主を務めることがあります。

喪主様のいちばん大切な務めは、通夜・葬儀の時に、会葬者の弔問を受けることです。雑用はしないようにして、常に故人様のそばに付き添うようにします。ただ、弔問客の応対だからと言って席を離れてまで、あいさつにまわる必要はないでしょう。
弔問には丁寧に応対しますが、一人の方と話し込んでいると、ほかの弔問客に迷惑をかけてしまいますので周囲に気を配りましょう。 お悔やみの言葉には丁重に「ありがとうございます。故人もさぞ喜んでいることと思います」など、簡潔にお礼を述べます。病気などで亡くなった場合の状況や死因については、故人様と親しかった人を除いて自ら説明することは控えます。
また、ご葬儀などの細かい段取りは世話役を決めてお願いします。しかし、さまざまな決定は、最終的には喪主様の責任になりますので、その都度報告してもらうようにします。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.