冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




お通夜とご葬儀、どちらに参列すべき?

故人様と親しい間柄の場合は、もちろん両方に参列した方が良いでしょう。
故人様とそれほど親しくない場合は、本来、ご葬儀のみに参列します。しかし、最近では仕事などの都合で、お通夜のみに参列するというケースが増えています。
お通夜とは本来、遺族と近親者、そしてごく親しい友人など、亡くなった故人様と深い関わりを持つ人が集まり、別れを惜しみ、思い出話などをする場です。そのため以前は、故人様とそれほど親しくない場合は遠慮してご葬儀に参列するのが一般的でした。ご葬儀のならわしも、時代のライフスタイルの変化等によって、少しずつ変化しています。






Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.