冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




厄除けは、いつ、どのように?

厄年を信じるかどうかは別として、厄年とは、災難などが身に降りかかりやすい年のことです。厄年の頃はちょうど身体の変調期や社会環境の変わり目にも当たり、体調を崩しやすいものです。普段よりも健康に気を使い、かといって、あまり神経質にならずに、気持ちを落ち着かせて過ごすことが大切でしょう。
厄年は、数え年で、男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳・61歳で、その前後を前厄・後厄と言います。中でも、男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通ずるという語呂あわせから、大厄と言われています。
厄除けは前厄の段階が理想的です。厄除けの時期については、正月元旦から節分までに行うのが一般的ですが、最近では誕生日頃にされる方も多いようです。

厄除けは神社・仏閣でご祈祷を受けるのが一般的ですが、地域の氏神様の神社でのお参りでも十分です。その場合は事前に問い合わせてみると良いでしょう。
日常の厄は日々積もる厄であるため、厄除けの時期は、いつでも良いでしょう。
お祓いを受ける時の服装は、普段着よりもきっちりとした服装をおすすめします。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.