冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




初節句のお祝いの仕方は?

子どもが生まれて初めて迎える節句が初節句です。
赤ちゃんの健やかな成長と、厄除けを願う行事です。
女の子は3月3日の挑の節句に、男の子は5月5日の端午の節句にお祝いをします。なお、赤ちゃんが誕生して、まだ1〜3ヶ月と間もない場合は、翌年の節句にお祝いすることが多いようです。
初節句は、その子供にとって一生に一度しかないお祝い事です。雛人形や五月人形は一人一飾りと言われています。しかし、子供それぞれに用意をするのは難しい面もあるので、揃っていないお人形を増やしてあげるのも良い方法だと思います。

一般的な祝い方としては、その節句にちなんだ人形・お花などを飾り、当日または前日(宵節句)に、赤ちゃんと両親・父方母方両家の祖父母だけ、というようにごく近い身内だけで、形式ばらずなごやかに行うご家庭が多いようです。
桃の節句なら、雛人形、桃の花を飾り、白酒、ひなあられ、菱餅を供えます。そして、春らしく華やかな彩のちらし寿司や縁起の良いはまぐりのお吸い物などがよく作られます。
端午の節句なら、武者人形や鎧兜を飾り、ちまき、柏餅を供えます。屋外には鯉のぼりを立て、お赤飯・鯛の焼き物などのお祝いのお料理と共にちまきや柏餅を食べます。
丁寧に行うなら、お祝いをいただいた親戚・知人を招き、お祝膳を用意しお祝いをします。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.