冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




喪に服するって、どうするの?

近親者が亡くなった時、一定の期間、喪に服することを忌服(きぶく)と言います。一般的に、仏教では四十九日までは忌中(きちゅう)、一年間を通じて喪中(もちゅう)としています(一周忌まで)。
喪中には、結婚式や賀寿などの慶事への出席や、神社への参拝は慎み、故人の冥福を祈るようにします。なお、お中元やお歳暮は季節の挨拶であり、慶事ではありませんから、差し支えありません。
また、喪中に年を越す場合には、しめ縄などの正月飾りをしたり、おせち料理で祝ったり、初詣、年賀の挨拶などを控えます。また、年賀状は出さず、年賀欠礼の挨拶状を出します。
近年、お正月の時に限って「喪」という言葉だけが独り歩きしているように思います。喪に服するとは、「死を忌み、身を慎しむ」ことです。大切になことは、自分自身の気持の持ち様だと思います。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.