冠婚葬祭百科

知りたい&お答えします




お墓参りの作法ってあるの?

お墓参りに、特別コレと言った作法や決まりごとはありません。お参りされる方の、故人やご先祖様に対する感謝の気持ちが大切です。とは言え、基本的な心得や手順は身につけておきたいものです。
まず、服装はあまり派手な色やスタイルは避けて、なるべくきちんとして行きます。
持ち物としては、生花、線香、お供え用のお菓子や飲み物、それを置くための半紙、数珠、マッチかライター、花ばさみ、タワシやほうきなどの掃除用具、ひしゃく、手桶、ゴミ袋などがあります。(ひしゃくや手桶が寺院や霊園に用意されていない場合)
寺院や霊園に着いたら、手桶に水を汲んでお墓に行き、合掌礼拝してから、まず墓地の掃除から始めます。お墓周りの雑草やゴミをキレイにして、墓石の汚れを濡れふきんなどでふき取ります。もし、汚れが酷いようならタワシやスポンジ・ブラシなどで洗い落とします。
掃除を終えたら花立てに水を入れ、花ばさみで長さなどのバランスを整えた花を飾ります。
お供え用のお菓子や飲み物は半紙を敷いた上に置きます。

そして、お線香をたきます。線香の火は口で吹き消すのではなく、手であおいで消します。「人間の口はとかく悪業を積みやすく、けがれやすいものなので、仏様に供える火を消すには向かない」という言い伝えからだそうです。
お参りは、線香を消さないよう注意しながら墓石にたっぷりと水をかけ、正面に向かい合掌します。お墓参りの手順としては、これで一通り終わりです。
花、線香以外のお供え物は、カラスなどに食い散らかされないよう必ず持ち帰ります。
お墓参りの際は、お寺の本堂へお参りをし、ご住職にも挨拶をしたいものです。
特に、頻繁にお墓参りが出来ない方にとっては、ぜひ日ごろの感謝の気持ちを伝えておきたいものです。





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.