aiNET PRESS Vol.60


心をつなぐ結婚式

心をつないで50周年

スタッフ紹介

beautiful life

誌上見学会

冠婚葬祭ファイル

Q&A


あいネットグループ創業50周年を記念し、
今号は感謝あふれる結婚式を挙げられた静岡市のご夫妻にご登場いただきました。
心をつなぐ結婚式

今年の2月14日に、ロイヤルセントヨークで挙式された
平野慎太郎様、智恵子様ご夫妻に、
結婚式のこと、ご家族への思いのことなど、
お話しをうかがいました。
平野 慎太郎様〈ご両親とお姉様の4人家族〉
    智恵子様〈ご両親と弟様の4人家族〉
「ありがとう」「これからもお世話になります」結婚式、披露宴で、周りの方々への《感謝》の気持ちが、より強くなりました。

きっかけは、ブライダルフェアのリーフレットから…
2月14日というロマンチックな日に、ロイヤルセントヨークで挙式された平野さんご夫妻。挙式・披露宴についていろいろと思案していた時に、ご主人のお姉様から手渡されたものが《ブライダルフェアのリーフレット》。そこには見学会の日程や内容などが記されていて、そのリーフレットがきっかけとなり「まずフェアに出かけて、いろいろと見て聞いてみようよ」ということになったそうです。式場を決定し、準備を進めるうちに、周りの方々に対しての【感謝の気持ち】が高まってきましたというお二人。「親戚やお友達、会社の人に、結婚式に出席くださるようお願いに伺った時に、どなたもとても祝福してくださって。お一人、お一人に結婚のご報告とご挨拶をすることで、お互いの気持ちがより深まりました。人と人とのつながりのありがたさ、これからもおつきあいを続けていく大切さ、そんなことを実感できたと思います」

ゲストの皆様に伝えたかった『ありがとう』のおもてなし。
そんなお二人の気持ちは、披露宴でのおもてなしに反映されました。「ゲストの皆さんとなるべく会話が交わせるように、歓談の時間を多くとるプランにしました。感謝の表し方として工夫したのは、〈メッセージを記入した席札〉です。当日その場ではうまく言葉にできないこともあるので、自分 の気持ちをきちんと伝えられるよう、前もって席札にメッセージを書いておきました。また、担当プランナーの細木さんからもアイデアをいただき、お料理のプレートにもメッセージを入れました。《ありがとう》という言葉は二人で決めました。ゲストの皆様にも喜んでいただけたようです」

特別な日だからこそ伝えられたご両親への感謝の気持ち。
ご両親への感謝の気持ち。ふだんはなかなか口にできない言葉も、結婚式だからこそ伝えることができたというお二人。奥様は「父親には思いを伝える機会もなかなかできなくて。両親への手紙には、そんな父との子どもの頃の思い出を書きました。花束を渡すときに父の顔を見たら、涙ぐんでいたようで…。気持ちが伝わってよかったと思いました」ご主人は「私の方は親戚など遠方からの出席者が多く、結婚式を通して親戚一同が集まる良い機会になりました。挙式日はお祝いと同時に十数年ぶりの再会を皆で喜びあい、結果的に結婚式が良い親孝行にもなりました」

結婚式・披露宴は、感謝をかたちに表せる大切な機会。家族と家族、人と人とがつながっていきます…
「当日は多くの方から祝福の言葉をいただき感激し、感動しました。人生の中でも貴重な機会になりました。また二人の感謝の気持ちを伝えるのも、結婚式・披露宴という場しかないと思います」と挙式当日を振り返るご主人。奥様も「親戚や友人にも直接、感謝の気持ちを伝えることができるし、相手 から祝福の言葉をもらって、それでまた《ありがとう》の気持ちが大きくなる。結婚式は、想像していた以上にとてもあたたかかったです」と結婚式の大切さを語られました。結婚式を通して、いろいろなことに気づかされたり、人づきあいの大切さなど多くのことを学んだという平野さんご夫婦。最後に「将来子どもができたら両親を見習って、子どもを大事にするやさしさと強さのある親になりたい。親からもらったものは、自分の子どもにもあげたいと思っています」と力強いお言葉をいただきました。またこれから結婚式を考えている方々にも、「結婚式は感謝をかたちに表せる大切な機会です。アイデアを出しあってお二人らしい結婚式が挙げられたら素晴らしいと思います」と応援メッセージもいただきました。

いろいろな人のいろいろな思いが、その日ひとつになる【結婚式】。大切な人への感謝と、幸せを育んでいく日となるよう、私たちはいつも願っています。




心をつないで50周年

あいネットグループ50周年記念番組
毎週水曜日・午前11時25分〜11時30分 放送中

「ありがとうメッセージ」募集中
人生の大きなイベント「結婚と葬儀」をテーマに、皆様からいただいた ステキな「ありがとうメッセージ」とその「エピソード」をパーソナリティーの中村こずえが紹介していきます。 父へ、 母へ、 夫へ、 妻へ、 息子へ、 娘へ、 親友へ………  いま、あなたが「ありがとう」を伝えたいのは誰ですか。 あなたの素直な気持ちの「ありがとうメッセージ」をお待ちしています。

★応募方法
結婚と葬儀をテーマに「ありがとうメッセージ」「エピソード」を左記までお送りください。
★応募先
〒422-8680 静岡市駿河区登呂3-1-1
SBSラジオ ほのぼのワイド「ありがとうを届けたい」係 宛
FAX=054-288-3333 メール=honobono@digisbs.com
★応募締切
随時受付(平成22年6月23日・当日消印有効まで)



いらなくなった絵本はありませんか。

あいネットグループでは、静岡新聞SBSで展開している「ハッピース!!プロジェクト《子育て来楽部》」に協賛。
いらなくなった本を回収し、福祉施設など子どもが集う場所へ贈呈します。
子どもたちに絵本に親しんでもらうとともに、物を大切にする心、
そして環境に興味を持ってもらうきっかけづくりになれば、と願っています。
★リサイクル対象の本=絵本・児童書・図鑑(雑誌・マンガは取扱いません)
★本の回収場所=
 静岡地区(あいネット・ロイヤル セント ヨーク
   ホテル プリヴェ 静岡ステーション・マウロ アネーラ・SBS学苑) 
 清水地区(あいネット清水・エリザベート)
★回収期限=平成22年6月30日まで
★お問い合わせは……
 静岡新聞SBS事業局ハッピース!!
 プロジェクト子育て来楽部 TEL=054-284-8920





スタッフ紹介 愛がいっぱい!

みなさまの「愛」をカタチにするために、ベストな仕事を心がけているスタッフを紹介するコーナー。
第三回は、ホテル プリヴェ 静岡ステーションの総料理長・西澤シェフにお話しをうかがいました。

ホテルならではのきめ細やかな「おもてなしの心」を、お料理にも生かしています。

ホテル プリヴェ 静岡ステーション総料理長 西澤 正樹さん

清水出身。大阪あべ辻料理師専門学校卒業後、3年ほど東京で修行し、その後焼津、静岡のホテル・レストラン等でキャリアを積み、2007年プリヴェに。一男のパパでもある37歳。


「料理といえばプリヴェ」といわれるほど披露宴での評判も高い、西澤流フレンチ。その『おいしさ』の秘密を探りました。
年齢を問わずに楽しめる、
そんな心づかいを盛り込んで。
披露宴のお料理を召しあがる方は、ご年配からお 子様までと幅広い年齢層です。ニーズに応じて テーブルにお箸をセットしたり、お肉も食べやす い大きさにカットするなど、気軽に楽しめる工夫 もしています。味つけも、ソースには醤油や味噌 をかくし味として使うなど、日本人の舌に合うよ うにも心がけています。またエビなどのアレルギー のある方の場合は、代替メニューでの対応もでき ますので、打ち合わせの際にご相談いただければ と思います。私も時間が許す範囲で、打ち合わせ の段階から参加させていただいております。

「最もおいしい状態でお食事をしていただきたい」美食のプロとして、スタッフも心をひとつに。
披露宴では、料理をなるべくベストな状態で出 したいので、フロアスタッフと共にお食事の様子 を見ながら「ここでオードブルいこう」とタイミン グ出しをすることもあります。料理への誇りとい いますか、お客様の「おいしかった」の一言が聞き たいですし(笑)。それはスタッフにも共通する 思いなのでチームワークを大切にしています。ホ テルだからこそできるきめ細やかなサービスで、 ゲストの心に残る『美食のおもてなし』を常に目 指していきたいと思います」

こだわりの食材で腕をふるう、レストランのシェフとしてのもう一つの楽しみ。
レストラン「シェ・ポール」のランチは、行列ができ るほどの大人気。ディナーは、お客様にゆったり と会話やお食事を楽しんでいただけるよう、ご予 約制になっております。記念日等にご利用くだ さる方が多いですね。旬の食材情報にも敏感で、 地元の食材や、珍しい野菜など色々と利用してい ます。お客様から「こんなの食べたことなかったわ」 と喜んでいただけると、またチャレンジしたいとい う意欲も湧いてきて…。あいネット会員の方は 『あいネットカード提示で5%OFF』とお得です し、お気軽にご利用いただけると嬉しいです。




もっと楽しく!もっと素敵に! Beautiful Life


「どうやって折ったの?」とおしゃべりがはずみそうな、長方形の紙で作る六角だたみ。
箸袋や箸置きに、お香入れに、おはじきに…と使い方はあなた次第!
作り方を覚えて、お子さまやお友達にも教えてあげましょう。


 【用意するもの】
 ○ハサミ
 ○長方形の千代紙や色紙など
 目安:8cm×11cmの長方形で作ると、5cm弱
 に出来上がります




教えていただいた方とお店
山口 都さん  紙処 紙友館『ますたけ』

各種和紙はもちろん、和紙小物や表装材料、書籍など 幅広く揃った専門店。おりがみ・和紙工芸など、好きな モノを作れる教室も開催(予約制)。詳しくはお問い合 わせください。

静岡市葵区呉服町1-3-6
TEL.054-254-4541 http://masutake.com
営業時間[平日] 10:00〜17:30[日]10:00〜16:00
定休日/月曜日 最終土・日曜日(変更あり)


あいネットホール慈悲尾 昨年の12月に開催したオープニング見学会にご参加できなかった会員の皆様のために「あいネットホール慈悲尾」を写真でご案内いたします。
「あいネットホール慈悲尾」は、静かに、ゆったり、お見送りができるよう、斎場に隣接した安倍川畔の閑静な環境に、葬送に必要な設備を整えた「癒しの葬祭会館」です。

◆2F式場(飛翔) 通夜式、葬儀・告別式をゆったりとした椅子席で執り行なえます。


◆小ホール(月光) 少人数のご葬儀も、ご要望に合せてコーディネートいたします。


親族控室には自宅感覚の設備が整っています。
◆リビング

◆和室



◆キッチン


◆洗面


◆浴室

◆法要会場(桔梗) 払いのお料理も各種ご用意。


◆僧侶控室


◆多目的室(湯灌室)



冠婚葬祭ファイル お盆の迎え方
お盆はお正月と同様、古来から伝わる国民的行事で、盆踊りや花火大会のなかには無形民族文化財に指定されているものもあります。 しかし、家庭の年中行事としての「お盆」は、年が経つごとに、その意識が薄れてきているような気がします。 今年は、お盆の由来や習わしを念頭に、心を込めてお迎えしてみませんか。

お盆には、ご先祖様に感謝を。
盂蘭盆会(うらぼんえ)のことを、略してお盆とい うそうです。この日にご先祖様に報恩感謝をさ さげ、供養をすれば、父母はもとより7世の先祖 までさかのぼって救われると伝えられています。 この事を抜きにしても、あらためてご先祖様に感 謝し、生命が連綿と受け継がれていくことを体 感できるかけがえのない行事だと思いませんか。

お盆の準備
お墓の掃除とご仏壇の外に精霊棚を作ることの 二つがあります。最近では、新盆以外は簡略化さ れて精霊棚を設けず、ご仏壇をきれいに掃除し てお飾りするというのが多いようです。
◆ご仏壇を用いた簡易的な飾り方
●右下図のように、ご仏壇の前に真菰(まこも)のゴザを敷いた机と経机を置きます。
   ご仏壇から、お位牌と仏具を取り出し、扉を閉めます。
●左右に青竹を立て、縄を張りホウズキなどを吊るします。
●真菰のゴザの上(霊座)に、位牌、おがら又は割り箸で4本の足をつけた
   キュウリの馬とナスの牛を向かい合わせて飾ります。
   これはご先祖様の霊がキュウリの馬に乗って来て、
   ナスの牛に乗って帰るという言い伝えによるものです。
●その他、霊座の上には、季節の野菜や果物、水、団子などのお供物を供します。
●盆提灯や盆行灯(※1)を飾ります。

※浄土真宗ではお盆独特の習わしはありませんが、静岡市内には禅宗のお寺様が多いため、まわりの方がお線香をあげに来てくださるので、お盆飾りをしてお迎えするお宅が多く見られます。

お盆期間中のお供え物

迎え火と、送り火を焚きます。
お盆には、ご先祖様や亡くなった人の精霊が帰ってくると言われ、13日の夜、玄関や軒下に提灯を吊るして、門口でオガラを燃やして迎え火を焚きます。
また、16日に、同様に送り火を焚いて精霊を送り出します。

家族揃ってお墓参りをします。
お盆の入り13日には、できれば家族揃ってお墓参りに行きましょう。お墓をきれいに掃除をして、供物を供え、供養します。

正式には棚経(たなぎょう)をあげてもらいます。
一般的には、お盆月の初めからお盆期間中に僧侶を招き、精霊棚の前でお経(棚経)をあげてもらいます。


「新盆の迎え方」については、平安祭典 ご葬儀・仏事相談センター にお問い合わせください。
葵区・駿河区★フリーダイヤル 0120・48・1644
清水区        ★フリーダイヤル 0120・00・1194
ご相談受付時間/9時〜17時

お盆の由来

「お釈迦様の弟子の目蓮尊者が、亡き母のあの世 の様子を調べたところ、思いもかけず飢餓に苦し んでいるのを知り、お釈迦様に救いを求めたとこ ろ、7月15日に、夏の修行を終えた僧侶を供養す れば良いと教えられ、精一杯その通りにすると、 母親は極楽往生をとげることができました」。
この故事から、日本ではお盆に先祖の霊が各家に 帰って来ると信じられるようになり、飢え苦しん でいる精霊を供養し、自分の先祖と共に成仏でき るようにと僧侶にも供養する報恩感謝の行事に なったのです。お盆は「日本書紀」に初めてその行 事が行われたと記述されていますが、以来、各地 の土着信仰ともあいまって今に伝わっています。
取材協力=平安祭典 静岡・清水




知りたい&お答えします




披露宴の招待状に「平服で」と記載されている場合、どんな服装で?

この場合の「平服」とは、特にフォーマルでなくてもよいという意味で、普段着でよいという訳ではありません。招待者側が出席者に気を使わせないように配慮したものなので、出席者側としては少なくともスーツやワンピースなどを着用するなどの気配りが必要です。
なお、このような場合であっても、正装で出席しても特に問題はありません。
披露宴での服装で特に注意すべきは、主役の新郎新婦より目立つ派手な服装で出席しないように心掛けることです。
白いドレスなどは新婦の装いと重なることからタブーとされています。








結婚式の祝儀の相場を教えて……

昔から日本には、慶弔をお互いに支えあう慣習があります。したがって、祝儀は式場の格式や、新郎新婦との関係、祝儀を包む側の地位や年齢、地域や習わしによっても様々です。
「いくら包んだらいいの?」と思わず悩んでしいまうのが祝儀ですが、以下に掲げた金額がおおよその目安になると思いますので、ご参考にしてください。

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代〜
兄弟・姉妹 50,000 100,000 100,000
叔父・叔母 - 50,000 50,000 50,000 100,000
いとこ 30,000 30,000 30,000 50,000 50,000
その他の親戚 30,000 30,000 30,000 30,000 50,000
勤務先の上司 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
勤務先の同僚 20,000 30,000 30,000 30,000
取引先 30,000 30,000 30,000 30,000
友人 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000







披露宴に出席いただいた主賓へのお礼は?

主賓(※)の方には、お願いをしてわざわざ来ていただくことになるので、「お車代」を渡すのが一般的です。金額はその人が家と会場の間の往復をタクシーで行き来する場合に必要となる費用を包むことになりますが、1万円が目安です。会場とその人の家が近いからといって、1万円以下の金額は失礼となりますので注意して下さい。
お車代はご祝儀袋に入れ、受付に渡しておきます。その人が記帳し、受付テーブルを離れたところで、係の人から他の人の目に付かないようにさりげなく渡してもらうのがスマートでしょう。あるいは、披露宴が始まる前などに、親から挨拶して渡してもらってもいいと思います。
(※)新郎・新婦が最もお世話になっている恩師や会社の上司など。








お線香の上げ方を教えてください。

まず、ご僧侶、喪主、ご遺族に向かって一礼し、霊前に進んで位牌と写真を見て一礼します。次にお線香を一本とり、ローソクの火を移します。
炎は軽く振って消すか、あおいで消し、息をかけて吹き消さないようにします。線香立てに先に立っているお線香につかないよう、間隔をあけて立てます。
複数のお線香を立てる時は、同時に火をつけてもよいのですが、一本ずつ離して立てます。
合掌して故人の冥福をお祈りし、ご僧侶、喪主、ご遺族に一礼して祭壇前を下がります。真宗大谷派や浄土真宗本願寺派など、お線香を立てず、香炉の中に横に倒す宗派もあります。専用の長い香炉が用意されていれば、そのまま横に寝かせて供えます。用意されていない場合は、複数のお線香を手元で適当な長さに折り、右手にまとめ、ローソクの火をつけます。炎を消し、まとめたまま横に寝かせて供えます。








Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.