aiNET PRESS Vol.68


女性スタッフが語る会館葬

今から準備!
グリーンカーテンでエコ生活!


大切にしたい!
人と人とのつながり


日本平動物園に行こう

Q&A



手嶋(進行)
”ご葬儀はご家族様の想いをカタチにし、心を込めて故人様を送るもの”その意味で私たちは、すべてのご葬儀が「家族想(葬)」だと考えています。
百のご家族があれば、百通りの家族想があります。
だからこそ、常にご家族様の立場になって考え、心を込めてお手伝いをすることが何よりも大切だと思います。このような点においても、特に女性スタッフのみなさんの感性や細やかな心遣いは、ご葬儀のお手伝いには欠かせないし、ご家族様の心の大きな支えにもなっている、と思っているのですが……。

ご葬儀は、
故人様に対するご家族の想いを
カタチにすること……


竹下
会館には、さまざまなスタッフが各自の役割を果たしています。進行係である私は、スタッフの気持ちをつなぎ、ご家族様がご負担なく、ゆっくりと故人様をお送りいただけるよう、お手伝いをしています。また、ホールや控え室などの美観管理に加え、女性らしいきめ細やかな接し方、表情、所作などを常に心がけて、お客様が話しかけやすい雰囲気をつくっています。

村瀬
そうですね。また、不安の中にいるご家族様の想いを、どれだけくみとれるかも大事だと思います。ご家族様それぞれに、故人様に対してしてあげたいことや、会葬者の皆さんに知ってほしいことがたくさんあると思います。ご家族様の想いをカタチにしていく、それが私たちの仕事だと心得ています。私は、表情や口調などにも気をつけて、話しやすい雰囲気づくりを心がけ、一つでも多くのご要望をお伺いして、それを実際のご葬儀の中で実現できるようにご提案しています。

竹下真知子
進行係 (葬祭ディレクター)
ご家族様がご納得のいくご葬儀を行っていただくために、まず自分とご家族様の信頼関係を築くことはもちろん、スタッフ間の信頼関係も大切にしています。

村瀬晴香
進行係 (葬祭ディレクター)
故人様に対して“こうしてあげたい”という想いを、式を通して叶えられるよう努めています。

常に相手の立場になって考え、
思いやりとやさしさの心で
お手伝いをすることを大切に。


小沼
私たち進行係は、お通夜とご葬儀の二日間という限られた短い時間の中で、ご家族様とお話しする時間を一番長く持っています。ご家族様をお迎えして、控え室にご案内をするそのわずかな間にご家族様の気持ちをくみとり、各スタッフにも伝え、ご希望にそえるご葬儀が行えるよう、仕事にあたっています。

安井
私も、ご家族様の心の側に立つことを常に心がけています。深い悲しみの中にいながら、様々な事に対処しなければならない状況で、喪主様も頭を休めたいときもあると思います。どういう時にそっとしておいてほしいのか、声をかけてほしいのか、幼い頃に家族を送った自分の経験を思い出しながら接するようにしています。先日、お手伝いしたご葬儀の喪主様は”妻と妹が満足すればいい”というご要望で、その祭壇の美しさに、ご家族様の気持ちや故人様の”人となり”が表れたご葬儀でした。”家族が家族を送る”とはこういうことだと強く印象に残りました………。


小沼芳子
進行係
大切な方を送るという最後の儀式を、ご家族様が戸惑うことなく、お見送りできるようにお手伝いしています。

安井久美子
進行係 (葬祭ディレクター)
家族を送った自らの経験をとおし、ご家族様の気持ちにより添えるように、こころ配りをしています。
ご家族様の心により添って。

松本
ご葬儀は初めてだったり慣れていない方がほとんどです。最初は不安や硬い表情でいらっしゃるご家族様が、無事にご葬儀を終えられ「よかった。これで終わりました」とおっしゃるのを伺うと、ようやくここから、家に帰ってゆっくりと故人様と向き合える時間がはじまるのだと実感します。私自身が母を送った時もそうでしたが、お通夜とご葬儀の二日間は、会葬者の方に気を使って、自分の想いを口に出しにくいものです。自らの経験を忘れずに、ご家族様に心を添わせ、尽くさせていただきたいと思っています。

近藤
最初にご家族様を霊安室にご案内するのが私たちですが、その際は、空気のような存在として、邪魔にならないより添い方やお声のかけ方に努めています。大切な故人様をお預かりしている重大さを常に噛みしめ、いつでもご面会いただけるように、お花からお線香まで常に綺麗な状態であるよう心を配っています。直接、ご葬儀には携わりませんが、滞りなくお支度をされ、当日を迎えられるようにお手伝いしています。葬儀を終えてお帰りの際、私たちにも「いいご葬儀でした」とお礼を言ってくださる方もいらっしゃいます。”ありがとう”のその重みを噛みしめ、それを励みに仕事をしています。

手嶋
私たちは、人々の人生にとって最も大切な場面「ご葬儀」をお手伝いをする社会的責任の重い仕事に携わっていると思います。ところで、近藤さんのように、やりがいを感じる時って、ありますか……。

松本羊子
進行係
ご家族様の想いを大切にし、故人様の尊い人生の最後に立合うという厳粛な気持ちでお手伝いしています。

近藤利美
フロント係
常に相手の方が話しかけやすい雰囲気をつくり出すように、目配り、気配り、こころ配りを心がけています。
皆さまから感謝されると、
この仕事をしていることへの喜びを感じます。


寺田
私の担当は湯灌・納棺ですが、私共がお着替え、お化粧することで、故人様の印象が変わり、「こんなに綺麗になるなんて」とか、男性の故人様も「10歳くらい若返ったね」と、おっしゃっていただけると励みになりますね。

増田
私たち司会係は、「ご葬儀は人生のカーテンコールである」という想いで司会を務めています。カーテンコール=人生の最後の場面で、その方をもう一度思い起こして拍手を送る、ありがとうという言葉を贈る、この場面をつくるのがご葬儀であると思います。ご家族様に書いていただいた故人様の略歴をもとに、故人様の人柄や思い出をナレーションとして語るのですが、短い時間の中で、何を語るべきか、その見極めは難しいと常に感じています。それでもご葬儀が終わったあとで「ありがとう」と声をかけていただくと、故人様へのご供養になったと嬉しく思っています。

鈴木
私は生花担当ですが、お花は、最初にご相談係の方がご家族様にお届けする一輪挿しからはじまり、祭壇の装飾まで、さまざまな場面でご葬儀には欠かせない物になっています。最後のお別れの空間、特別な場所として、最近、生花祭壇が増えているのは、花にご家族様の想いを託される方が多いからだと思います。故人様が好きだった色や花などのご要望や、写真やイメージの再現など、お花を通してご家族様の気持ちを伝えられるよう、できるかぎりの演出で応えています。「お花を飾って良かったね」と言っていただけるのが本当に嬉しいです。

座談会を終えて…………

「傾聴」という言葉がありますが、「聴」の字は、耳偏に「+」と「目」と「心」でできています。
私たちあいネットグループは、人の話を聴くときは、ただ聴くだけではなく、目と心を大事にし、言葉の中にある気持ちも聴くことを大切にしています。
女性特有のやさしさや、細やかな感性、さらに「傾聴」の心をいかして、常に、ご家族様のご要望に最大限応えられるご葬儀をお手伝いできますよう、努めてまいります。
進 行
平安祭典静岡・事業部長
手嶋正至


寺田千帆
湯灌係
故人様の最後のお風呂と身仕度となるので、人生一番の忘れられない美しいお姿になりますようにと、想い行っています。

増田洋美
司会係 (葬祭ディレクター)
ご家族様の立場で故人様への想いを、会葬の皆様へのお礼を、あたたかな声で伝えることを大切にしています。

鈴木園子
生花係
ご葬儀の花の重要性が高まる中、ご家族様の想いをお花に託して、故人様にお伝えするお手伝いができたら……。



今から準備!グリーンカーテンでエコ生活!
必要な材料と道具
●苗(ゴーヤ)
※ゴーヤの苗は4月頃から販売されます。
●有機培養土
●鉢底石
プランターの水はけを良くするため、培養土の下に敷きます。
●化成肥料
植物の成長に必要な3大栄養素をバランスよく含んだ速効性のある肥料です。
●プランター
野菜栽培に適した深さのプランターです。側面の穴を使って支柱を固定できます。
●レンガ
プランターを置く台にします。
●ポール
想定するサイズに合った長さのものを選びます。
●ネット
サイズに合ったものを選びましょう。
●ポールネット接続用金具
●園芸用針金
●耐候性結束バンド


●使用している材料、道具はご協力頂いたジャンボエンチョーでご用意頂きました。最寄りのジャンボエンチョーで揃える事ができます。


作業1園芸用ポールとネットで組む

↑クリックで拡大表示します。
作業2プランターに苗を植える

↑クリックで拡大表示します。
作業3窓辺に立てかけて固定する

《設置の際に気をつけるポイントは?》
ポイント1.
非常口や避難用ハッチをふさがないように。
万一の避難の際に、邪魔にならない場所を選びましょう。

ポイント2.
ポールがしっかり固定できる場所を。
風などでポールが飛ばされないよう、しっかりと固定できる場所を選びましょう。

ポイント3.
作業の際に危険のない場所を。
高層階のベランダなどでは、設置や手入れの際、落下などの危険がない場所を選びましょう。

ポイント4.
落ちた葉や害虫などで近隣に迷惑のかからない場所を。
葉が風に飛ばされて周囲に落ちたり、害虫駆除などで周囲に影響が出ることがあります。
近隣に迷惑のかからない場所を選びましょう。

今回お話をうかがった方
(右)宮田敦子さん(みやた あつこ)
富士市在住 DIYホームセンター潟Gンチョーに勤務して20年。DIYアドバイザー・グリーンアドバイザーとして、初心者でも楽しめる簡単楽しいDIYやガーデニングの普及に努めています。店舗での園芸教室や外部講習会の講師、また静岡朝日テレビ「エンジョイDIY」に園芸担当として出演しております。

(左)前田弘之さん(まえだ ひろゆき)
毎週土曜日、朝7時15分より静岡朝日テレビ「エンジョイDIY」に出演中!!

ジャンボエンチョー




昔から私たち日本人は、ご命日やお彼岸、お盆にお墓参りをする習慣があります。
先日、こんなお話しをお聞きしました。あまりお墓参りには縁がなかった方が、たまたまお参りに行き、しぶしぶ墓石を磨いていたとき、ふと自分の手を見て、亡き父親の手を思い出したそうです。
「そういえば、よく親父に負ぶってもらったな〜」と父親との思い出がよみがえりました。その時、墓石が父親の身体のように見えたと言うのです。それ以来、その方はよくお墓参りをするようになったそうです。

禅宗では、心機を一転させ、悟りを開かせる一語のことを『一転語(いってんご)』といいますが、この方の場合も、墓石だと思っていたものが一瞬にして父親に見えたという、気づきがあったわけです。私はよく「供養で一番大切なことは、故人を思い出してあげること」と話しています。逆に言えば、ふだんはあまり故人を思い出さずに生活できる、それも大事なことなのです。そのかわり、思い出せる機会を大切にしようと行うのが、年忌の法要やお盆などのお墓参りであるのでしょう。日本人は慣習として儀式を大事にしてきました。お正月やお盆、ご葬儀など、儀式を通してケジメをつける慣習は、これからも受け継がれていくでしょう。

あなたの命は地球が始まってからずっとつながっています。大切な命、だからこそ他の命も自分同様に大切に敬いましょうと仏教では教えています。みなさんの命は親や祖父母からつながってきた、かけがえのないものです。命のつながり、そのご縁を大切にしていただきたいと思います。

 「産女観音」正信院
 浅井正英ご住職
 昭和27年3月2日、産女観音本開帳(33年毎に行われる法要)の
 朝、静岡市葵区井宮町・瑞龍寺で生まれ、昭和62年正信院住職
 となる。産女観音は、安産、子授、虫封じ等に、豊かなご利益
 があると多くの人が訪れています。
 産女観音 正信院
 静岡市葵区産女1133
 TEL054-278-9728
 〈大 祭〉7月19日・20日
 〈御縁日〉毎月9日







日本平動物園に行こう。
新スポットが続々とオープンし、驚きと感動、
夢を与える動物園として、生まれ変わっている日本平動物園。
動物をいろんな角度から見られる仕掛けや工夫がいっぱいで、
動物の生態や生命力をダイナミックに体感できます。
今春オープンの「ふれあい動物園」につづき、
今秋には「レッサーパンダ館」や「ペンギン館」がオープンの予定。
大人も楽しめるスポットとしてますます注目の動物園へ、
お出かけしてみませんか。

↑クリックで拡大表示します。

★迫力も人気もナンバーワン!
猛獣館299
1F〜2Fは北極圏に暮らすホッキョクグマとゴマフアザラシ、シロフクロウが。2F〜4Fはネコ科の猛獣4種とミーアキャットが暮らす一番人気のスポット!
オスのロッシー(4才)とメスのバニラ(3才)をいろんな角度から観察できる。水中トンネルでは肉球が見えることも。水中などでジャレ合う姿が見られるのは、2頭が子どもの今だけ!
3頭のゴマフアザラシが泳ぐ円筒水槽。深く潜る習性があるアザラシが垂直に泳ぎ回る姿は圧巻。
ジャンプ力抜群のピューマ。岩から岩へビュンビュン跳べる設計に。ジャガーとの違いを比べるのも楽しい。
ジャングルでは、木の上から獲物を狙うジャガー。その真下から見上げられるスポットも人気。

★日本最大級のケージを誇る!
フライングメガドーム
フラミンゴ、ペリカン、トキなど20種160羽の様々な鳥類の飛び方を自然に近い環境下で観察し、羽音を感じることができる臨場感いっぱいのケージ。また、陸地で休んだり巣づくりしている様子などを、間近に見ることができる「観察小屋」もあります。

★個性派ゾロゾロ!
は虫類館
生息環境別に4つのゾーンに分けられたエリアに、カメやヘビ、トカゲやオオサンショウウオなど、ふだん見られない生き物がいろいろ。いろんな角度からじっくりと観察してみよう!

●知ってましたか?
日本平動物園は、希少動物(オオアリクイ・レッサーパンダ)の結婚相談所なんです。
日本平動物園では、稀少動物(オオアリクイ、レッサーパンダ)の血統登録や繁殖の研究、絶滅危惧動物の飼育(種の保存)も行っています。
日中友好&日本平動物園のマスコットのレッサーパンダは、75%が日本で飼育され、日本平動物園では日本中のレッサーパンダの結婚相談を担当。
60cmの細長い舌でペロペロ舐める、国内に14頭しかいない稀少動物のオオアリクイ。そのうち4頭が子どもで、1頭を孫に持つジョッキーは31才で日本最高齢。



今回お話をうかがった方

静岡市立日本平動物園
飼育担当 統括主幹(獣医師)
柿島 安博さん

雨の日でも楽しめるスポットも多いので、ご年輩の方にも好評です。驚きと感動を体験しに、ぜひ遊びに来てください。GWや夏休みは混雑が予想されますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

JR東静岡駅より静鉄バス「日本平線」で約10分
●バス停「動物園入口」下車※徒歩5分


ジャンボエンチョー



■静岡市立日本平動物園

静岡市駿河区池田1767-6
TEL.054-262-3251
〈営業時間〉9:00〜16:30
※入園は16:00まで
〈休日〉月曜日※祝日の場合は翌平日
〈料金〉500円
※中学生は年齢証明提示
 (生徒手帳等)で無料
※障害者手帳・療育手帳所持者は、
 手帳提示で本人及び介助者1名無料
※市内在住の70歳以上の方は
 シルバーカード
 又は住所及び年齢が分かる
 証明の提示で無料
〈駐車場〉約1,000台(1回400円)




知りたい&お答えします




我が家にはたいした財産などはないがそれでも相続手続きが必要?

土地・建物などがなくても、たとえば亡くなった方名義の預貯金などはやはり財産です。
名義変更などの相続手続をしないと払い戻しができません。相続手続は遺産の金額にかかわらず、ほぼすべての方にとって必要なものだといえます。
相続についてのお問い合わせは……
《フリーダイヤル》0120-39-7840
相続手続支援センター静岡








最近の結納事情は?

結納とは、婚約をより確かなものとし、両家がこれから親族となるしるしに執り行われてきました。基本的には新郎の家から新婦の家へ、婚礼の用意のための支度金や贈り物を贈り、新婦側からも結納返しを贈りました。
近年は、両家と仲人(立てる場合)が式場やホテル、料亭、レストラン等に集まり、儀式の後、みんなで祝いの膳を囲む略式の結納が一般的です。

最近の調査によると、全国平均で、結納をしたカップルは29.9%、静岡県では
25.5%。そして、約半数が両家の顔合わせなどの食事会、約1割が何もしなかったというカップルとなっています。(ゼクシィ結婚トレンド調査2010)。
また、現在では、現金そのものを贈ることは減り、婚約指輪と、腕時計などの記念品を贈ることが多くなりました。男性から女性に贈るというしきたりは残りつつ、「婚約記念品を贈る」という考え方に変わってきたようです。
本来なら「結納返し」といって、男性側から受けとった結納金の半額を女性側からも返したものですが、最近では、最初から結納返しの額を差し引いて受けとるケースも増えています。または女性側からも婚約の記念品を贈ることが多いようです。
しかし、地域によってはしきたりが、まだ根強く残るところもあるので、双方のご両親とよくご相談した方がよいでしょう。
結納について、あいネットの指定式場(ロイヤルセントヨーク、エリザベート、ホテルプリヴェ静岡ステーション)では、しきたりや結納品・会場など、ご相談・お手配を承っています。







お仏壇はいつ購入すれば良いですか?また、どこに置くものですか?

お仏壇を購入するのに、特に決まりはありません。
最近は、核家族が多いので、お身内が亡くなった時に初めてお仏壇を購入するという方が多いのですが、ご自宅の建て替えをきっかけにして買い換えるというお宅も多く見られます。お仏壇はご本尊様やご先祖様のお住まいですので、ご自宅を新しくする時に一緒に新しくするという事でしょう。また、ご親族が一堂に集まる法事の時に新しくするお宅もみられます。
本来、お仏壇はお仏壇を安置するためのスペースが設けられている”仏間”に置かれていましたが、最近は、ご家族やご親族がよく集まる居間に置かれる事も多く、常日頃からお仏壇で、ご先祖をお参りする生活をおくる事ができます。
マンションや洋室が多いお宅では、仏間やお仏壇を置く場所がないという事もあると思います。お仏壇にはタンスなど台の上に置ける上置き仏壇や、小型のお仏壇もございます。
また、洋室のお部屋には、家具調のブラウンカラーのお仏壇や、白い壁にあうライトカラーのお仏壇もございます。最近ではいろいろな大きさやデザイン、個性的なお仏壇やおしゃれな仏具等が出ていますので、是非一度、平安祭典静岡仏壇センター、平安祭典清水仏壇ショールームでご覧ください。







病院で亡くなった場合、何をすれば…?

病院から死亡診断書を受け取ります。
葬祭会社(平安祭典)へ、お迎えの車をお手配する様ご連絡をしてください。その時に、故人様名・病院名・病室・お迎え時間を伝えます。
また、故人様がお帰りになる場所(自宅、葬儀式場)を伝えてください。ご自宅にお帰りになる場合は、故人様を安置する布団を準備していただきます。
訃報を近親者にご連絡します。







Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.