aiNET PRESS Vol.77


究極のウェディングスイーツで
最高のおもてなし


HAPPY NEWS

グリーンスムージー

清水あそび。

Q&A


辻口パティシェ監修「スーパースイーツビュッフェ」

パーティの最後を飾る、幸せのサプライズ。
ゲストを笑顔にするこだわりのセレクション


スイーツビュッフェは、お食事の後に楽しんでいただくスイーツなので、サイズは小さめで口当たりは軽やか、甘さは控えめ…など、さっぱりと召し上がっていただけるようバランスを大切にしました。男性も女性もご高齢の方にも喜んでいただけると思います。紅茶のブリュレは、ロイヤルセントヨークのオリジナルであるヨークシャーティーを使い、繊細な香りを引き出すよう試行錯誤を繰り返し、完成させた自信作です。エクレール・抹茶には藤枝産の本山茶を使用するなど、選び抜かれた食材を使い、味覚・香り・食感のすべてにこだわる辻口スイーツで、最高のおもてなしをお届けします。

辻口氏から受け継いだ「想い」とともに、
笑顔あふれるひとときをお届けします。


辻口氏の代表作といえる「セラヴィ」は、『甘そうに見えてあっさり、ほろ苦さや酸味などいろいろな味わいがつまっている』辻口氏がご自身の人生のようだと語るスイーツ。お二人の門出にぜひ味わっていただきたい逸品です。すべてのスイーツに辻口氏のこだわりのノウハウがつぎ込まれた、究極のウェディングスイーツを体験できるのは、県下ではロイヤルセントヨークだけです。ゲストの皆様にも笑顔があふれる幸せなひとときをお過ごしください。


期間限定で味わえる『スーパースイーツビュッフェ』をご用意。
3つのパーティ会場で、個性のある演出を。


通常のお料理プランの中で、コースデザートを辻口パティシエの『スーパースイーツビュッフェ』に差し替えていただいた場合、ビュッフェの料金を半額にする特典を期間限定でご用意しました。ロイヤルセントヨークには、雰囲気も楽しみ方も異なる3つのパーティ会場がありますので、それぞれの会場にふさわしい辻口ビュッフェの演出、楽しみ方でゲストの満足度がよりふくらむ結婚式をお手伝いいたします。







お二人のハートをデザインするウェディング
シックで上品な雰囲気の空間。
静岡初の入場演出が話題!


ゲストとの距離が近いあたたかなウェディングを叶えるプリヴェの待望の新会場は、上品でシックな雰囲気の中で、ゲストの方をおもてなしできる新空間です。オープニングの入場では、天井から床まであるスクリーンに映像が流れる中、そこから新郎新婦が抜け出るように登場する、静岡初の演出です。エレベーター正面に新設したバーカウンターでは、お二人からウェルカムドリンクのおもてなしをしていただけます。
また、新郎新婦席の後ろには、お二人の人生を語るもの…写真やアルバムなど思い出の品々をディスプレイできる棚をご用意。
ゲストの方に見ていただくことで、より深くお二人を知っていただく“おもてなし”の一つです。
アットホームなホテルで叶える“お二人のハートをデザインする”オリジナルなウェディングで、“おもてなし”の心を伝えるお手伝いをいたします。


▲静岡初の入場演出


▲《メインテーブル》※パースは完成イメージです


▲《新設のバーカウンター》※パースは完成イメージです

グランメニューが一新!
レストランメイドのフレンチをお気軽に。


ゲストへの大切なおもてなしであるお料理も、より良いもの、より豊富なバリエーションの中からご提案できるようになりました。
中でも『スペシャリテ』は、お二人と一緒にメニューを作っていく世界でたった一つのコース。“ふじのくに食の都づくり仕事人”のレストランシェフとプリヴェ館内のケーキ工房“ボン・マリエ”のパティシエが本当のおいしさを通して最高のおもてなしをいたします。





生の葉野菜・果物をまるごとポンッ♪
↑クリックで拡大表示します。  



県内初のローフードマイスターとして、ローフード普及のために活動中。新静岡セノバ地階に市内初の、スムージーバー「Sunny Day RAW FOOD & SMOOTHE」をオープンし、オーダーを受けてから1杯ずつスムージーを作って提供。
朝日テレビカルチャー・静岡スクールではスムージーをはじめ、加熱せずに野菜や木の実などでつくるパスタやカレーなどのローフードについても幅広く学べる教室を開講、興味のある方はお問い合わせを。




清水あそび。
国際貿易港として発展してきた清水港。
駿河湾越しに眺める富士山は絶景です。
近年は大型客船も数多く寄港し、
この秋も続々と豪華客船や帆船がやってきます。
潮風を感じながら、のんびりと 港まち清水を歩いてみませんか。

人気の「缶詰博物館」も併設
フェルケール博物館

清水港に関連した船の模型や作業道具、航海に必要な船舶関連品などを常設展示する”船と港の博物館”。幕末から戦後にかけ、お茶や缶詰の輸出により発展した当時を垣間見る品々には、蘭字でデザインされた輸出用茶箱ラベルや、葵区茶町の茶市場からお茶を運ぶために整備された静岡鉄道の懐かしい写真などもあり興味深い。
併設された「缶詰記念館」は、昭和4年(1929年)に日本で初めてまぐろ油漬缶詰を製造し、アメリカに輸出した清水食品の当時の社屋で、日本最古のラベルや缶、仕事道具などから缶詰産業の歴史を知ることができる。
そのほか2階では美術や歴史などさまざまな内容の企画展や、12月には夜の中庭をガラスの器に灯したキャンドルで彩るイベントも開催され好評です。

(1)自分の浮力を調整して荷物を運ぶ、港湾作業のための潜水服は靴だけで重さが14キロ
(2)戦国時代からの10分の1スケールの和船模型 .浮世絵の技術が活かされた美しい
  輸出茶箱用ラベル
(3)最低賃金法の施行前の昭和31年に、県内の缶詰業界が社員の最低賃金を設定したことを
  記念した石碑
(4)用途に合わせて使い分けた手鈎(てかぎ)
(5)静岡・清水の缶詰産業を紹介する缶詰記念館に展示されている缶詰ラベル
  海外向けに印刷された羽衣の天女や富士山などの貴重なラベルも
(6)中に好きなものを入れて作れるオリジナル缶詰が人気(1回150円)


静岡市こどもクリエイティブタウン
「ま・あ・る」

さまざまな仕事体験やモノづくりなどに挑戦することにより、子どもたちの自主性や創造 性を育む施設。
土日祝開催の「こどもバザール」では、多くの小学生が仕事体験をしている。ハローワークや銀行、薬局、雑貨屋などが並び、商品を作って販売したり売り上げアップのためにアイデアを出し合ったりと、子どもたちだけで工夫を凝らして店を運営。
仕事の後はタウン内で買い物が楽しめる「まある通貨」の給料をもらい、遊びを通して経済の仕組みを学べる。また事前予約制の講座で、料理や木工などのモノづくり体験ができる。未就学児は来館ごとに”250まある”が支給され、買い物体験ができる。平日は親子のためのプログラムが曜日ごとにあるほか、警官や看護師などの制服試着や、壁一面のらくがきコーナーなどで遊ぶことができる。

(8)仕事をするともらえるお金「まある通貨」
(9)仕事を紹介してもらうハローワーク
(10)料金もこどもたちが設定
(11)各お店には「こども店長」が在籍 条件は小学4年生以上で任期は3カ月
(12)子ども仕様のクッキングスタジオ パティシエが教えてくれる講座などもある
(13)授乳室等を完備した「ひだまりパーク」

↑クリックで拡大表示します。

↑クリックで拡大表示します。


↑クリックで拡大表示します。




大型客船・帆船が毎月入港します!
多くの大型客船や帆船が清水マリンターミナルに入港、
イベントも開催されるので出かけてみよう。

■平成26年後半
◎9月14日(日)にっぽん丸
◎9月30日(火)セレブレティ・ミレニアム
◎10月22日(水)にっぽん丸
◎10月24日(金)セレブレティ・ミレニアム
◎10月27日(月)セレブレティ・ミレニアム
◎11月21日(金)〜25日(火)海王丸(帆船)




お得なバスを上手に利用しよう!

◎無料シャトルバス〈JR清水駅とエス パルスドリームプラザ間〉


◎清水みどころ観光バス(土・日・祝日のみ運行)
 100円〈ドリームプラザまで〉









知りたい&お答えします




結婚披露宴で、招待客が他の招待客にお酌して回るのはNGですか?

結婚式は「結婚しました!」とご出席の皆様にお披露目をするもので、ご両親やお身内の方々が、感謝の意味を込めてご挨拶をしながら招待客にお酌をして回ります。最近は、会場の各テーブルについているサービススタッフがお酌をしてくれる場合もありますので、招待客は席を立つことなく、ご自身の席でゆったりとお食事や会話を楽しんでください。








ご仏壇に供えてはいけない花ってある?

ご仏壇に供える花を仏花(ぶっか)と言います。仏花には、その芳香が邪気を払うとされている菊がよく利用されますが、仏花としてお供えする花に特別な決まりはありません。但し、次に挙げる花は避けるのが一般的です。
トゲのある花=バラなど、トゲを取れば良いと思います。
毒のある花=トリカブト、キョウチクトウなど。彼岸花の根にも毒があるので、供えません。
匂いのきつい花=カサブランカなど。
絡みつくようなツルをもつ花。
これ以外に「供えてはいけない」という花ではありませんが、花粉が落ちやすいユリなどは、ご仏壇の材質や塗りを汚すおそれがあるので、花粉の出るおしべは切り落してから供えましょう。
逆に、故人様が好きだった花、自分が好きな花、季節を感じる花は、お供えることをお勧めします。
仏花を供えるのに、難しく考える事はありませんが、他家にお持ちするために失敗したくないのであれば、お花屋さんに仏花と注文するだけで用意してくれると思います。
仏花は、基本的には、一対にしてお供えします。








年忌法要には、どんな準備を?

亡くなった人の祥月命日に営む追善供養の法要を年忌法要と言います。祥月命日とは亡くなった月日のことです。
年忌法要は、あらかじめ準備をしておくとスムーズにいきますので、おすすめします。
日時は、三ヵ月前か、遅くとも一ヵ月前には決定しておきたいものです。日取りは命日より遅くならないようにします。最近は、命日の前の土曜日や日曜日に日を繰りあげて行うことが多くなってきました。また、時間は食事の時間を考慮し、午前11時頃から始めることが多いようです。
所要時間は、法要が一時間以内、お墓参りに一時間(会場からの移動時間も考慮)、食事に一〜二時間位が目安でしょう。
日時を決めたらすぐ会場を手配します。菩提寺か自宅が一般的ですが、お食事会場は別の場所を用意するケースが多いようです。
また、故人様との関係を考慮してお招きする人を決めます。一周忌は、近親者や友人・知人、仕事関係や葬儀の時にお世話になった人々など。三回忌になると近親者など、七回忌以降は内輪だけで営む場合が多いようです。
日時と会場が決まったら一ヶ月前には案内状を出します。出欠の返信用のはがきを同封します。
また、当日までに参会者への引出物を用意します。のし紙の表書きは「志」とし、贈り主(施主)を書きます。

《当日のご準備として》
お寺を会場とする場合には、施主側で準備しなければならないものを、あらかじめ菩提寺に確認しておき、用意します。位牌は施主が自宅から持参します。
自宅で営む場合は、仏壇を掃除し仏具も揃え、線香・ローソク・お花などを準備します。仏壇の前には供物壇を設けます。
もちろんお墓も掃除しておきます。
平安祭典では、年忌法要も承っております。法要料理、引出物も豊富にご用意しております。

※法要についてのお問い合わせは……
  平安祭典・ご葬儀仏事相談センターへ
  ■平安祭典静岡【フリーコール】0120−481−644
  ■平安祭典清水【フリーコール】0120−001−194







Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.