aiNET PRESS Vol.88


ブライダル特集

NEW WEDDING INFORMATION

いま、落語が人気です



暮らしのサポート

クラブオフお得情報

お盆特集

今のお肌のお悩みは



ワンプラスサポート

白藤の滝へミニハイク

知りたーい!お答えしまーす!

うちの娘が、結婚式を挙げました!
「結婚したい人がいるよ。でも、結婚式は挙げないつもり」
もし、お子様からこんな報告を受けたら…
あなたは、どう、答えますか?
あるアンケート調査では、半数以上の親は子どもに「結婚式を挙げてほしい」と思っている、
そしてその気持ちを「子どもたちに伝えていない」ということがわかってきました。
今回は、結婚式を挙げることに、後ろ向きだった
若い二人の背中を押してあげたあるお母様に、
親としての結婚式への思い、そして当日のエピソードなどをうかがいました。

親としては両家とも結婚式を挙げてほしかった

娘さんの結婚が決まり、彼のご両親との顔合わせの席で、「結婚式は挙げないつもり」と聞かされたとき、せめて写真だけでも残してあげたい と思ったというお母様。
彼のご両親も式は挙げて欲しいと思っていたので「とりあえず式場見学をしてみては…」ということに。 二人でエリザベートのドームを見たり、ドレスを試着してみたことで、娘さんの心のどこかにあった 結婚式への憧れ にスイッチが入ったそうです。

お金をかけなくても二人らしい結婚式はできる

お母様があいネット会員で、花嫁衣裳やご両親の衣裳に会費をご利用。会費は、少ない掛け金で知らないうちに貯まる別財布のようで役立ったということです。
「私の時代は写真アルバムでしたが、今は豪華なフォトブックやDVDで想い出に残せていいですね」とお母様。娘さんも、披露宴の様子をお友だちに見てもらいたいと思うようになったそうです。「費用をたくさんかけなくても、アットホームなお披露目はできるもの。お金を理由に結婚式をあきらめさせなくて、よかったです」

結婚式を挙げてわかった二人を支えてくれる人たちの顔

今回、結婚式を挙げたことで、娘さんがどんな人たちに支えられているのか『お世話になっている方々のお顔』を拝見することができて安心できましたとお母様。入籍で済ましていたらご挨拶すらできなかったところを「親戚、職場、お友だちなどの様々な、つながりを知ることができました」と、とても喜んでらっしゃいました。これから二人が困ったり悩んだ時に皆さまにサポートしてもらえると思うと心強かったそうです。
結婚式は二人だけのものではなく、人と人とのつながりを感じ、確かめる場であることを、若い方にも知っていただければと思います。


たくさんのゲストに見守られての人前式。
その始まりに、お母様が娘さんのベールをおろして式へと送り出すベールダウンのセレモニー。
「幸せになってね」と愛情と願いを込めて…
お母様の気持ちもグッとくる瞬間。


最初はエスコート役を嫌がっていたというお父様。
当日、ゲストの祝福を間近に受けながら、バージンロードを歩む娘さんとお父様。
大役を無事果たせ、嬉しそうでした。


披露宴の中座のエスコートはお祖母様をサプライズ指名。
何も知らなかったお祖母様も喜んでくださいました。


挙式後のアフターセレモニーで行った、たくさんのお菓子トス!
最後の最後のサプライズにみんな大盛り上がりでした。


お二人の指輪がバルーンにのってふわふわと舞い降りるリングバルーンの演出では、
親戚のお子様たちがバルーンをキャッチ。



バラエティに富んだウェディングスタイルが、グループ5式場で叶います!
ご家族との集合写真プレゼント
【少人数ウェディング】

ご家族やご親族を中心に、本当に親しい人たちだけをご招待して行う結婚式。
演出などは控えめに、お食事を楽しむアットホームな結婚式が叶います。

キッズギフトカード3万円プレゼント
【パパママウェディング】

入籍した時には式を挙げなかったけど、子供が生まれたあと「親子で挙げる」結婚式。
お子様にとっても一生思い出に残る結婚式が叶います。

ウェディングケーキプレゼント
【会費制ウェディング】

ご祝儀ではなく一律の会費をいただいて行う、ゲストの負担も少ない結婚式。
カジュアルすぎず、通常の結婚式ほど堅苦しくない、
ゲストとの距離が近い結婚式が叶います。

記念写真1ポーズプレゼント
【フォトウェディング】

ドレス&タキシード、白無垢&紋付など婚礼衣裳で記念写真を残す結婚式。
写真撮影後、ご家族と一緒に会食会を行うこともおすすめです。





いま、落語が人気です
江戸時代に成立した日本伝統の話芸「落語」。
いま女性を中心に若者の間でブームが到来、寄席に足を運ぶ方も増えています。
時代を超えて愛される落語の魅力を、
静岡市出身の若手実力派、六代目春風亭柳朝さんに伺いました。

頭の中に広がる映像は無限大

落語は噺家が高座(こうざ)と呼ばれる舞台で座布団の上に正座して、扇子と手ぬぐいのみを使って様々な物語を展開します。一人で何役も演じるため、客席から見て右方を上手(かみて)、左方を下手(しもて)と位置付け、顔を下手に向けて話せば「身分が高い」「立場が上」の人物であることを示します。
「言葉や表情、所作だけで、私が『いい女』と言えば、皆さん頭の中でそれぞれのいい女を想像する。浮かぶ映像は人により違い、しかも無限大に広がる。それが落語の魅力で、やりがいでもあります。」と柳朝さん。話のジャンルは熊さん、八っつぁんが出てくる滑稽噺、涙を誘う人情噺、幽霊が登場する怪談噺、そのほか三味線や鳴り物の演奏が入る「はめもの」、芝居噺、地噺があり、全てできてはじめて「真打(しんうち)」と呼ばれます。

笑いはひとそれぞれ楽しむことが大事

笑うことは健康にいいと言いますが、声を出して笑うことが苦手な方もいます。
「大きな声で笑う、くすっと笑う、またタイミングがズレて笑うなど笑いは人それぞれ、それでいいと思います。
落語は一種の催眠術みたいなところがある話芸です。知らぬ間に噺の中に誘い入れ、どんどん引っ張っていき『落ち』までいったらパッと離して現実世界に戻す。そんな時間を存分に楽しんで欲しいです。」


2月11日に静岡市・入船鮨さんで開催された「入船寄席」の様子

静岡市駿河区出身。父親の転勤で小学校は4回、中学校は2回の転校を経験。日本大学法学部政治経済学科卒業、日大落語研究会に所属。平成6年に春風亭一朝に入門。平成10年二ツ目に昇進、平成19年から真打に昇進し六代目・春風亭柳朝を襲名。平成7年「第1回 岡本マキ賞」、平成14年「北とぴあ若手落語会奨励賞」を受賞。静岡での公演も多く、都内の各寄席の出演ほか全国で活躍する若手実力派。



暮らしのサポート 抹茶のブランマンジェ&抹茶オーレ

[ 抹茶のブランマンジェ ]
5個分
生クリーム……………300g
牛乳……………………240g
グラニュー糖……………75g
抹茶パウダー……………8g
板(または粉)ゼラチン …8g
【トッピング】※お好みで
イチゴ・あんこ・きなこ・ホイップクリーム

[ 抹茶オーレ ]
2杯分
和三盆糖(または砂糖)…30g
抹茶…………小さじ2(約1g)
塩………………………少々
牛乳…………………300cc


神奈川県生まれ。調理師専門学校卒業後、洋食の調理師として、伊豆修善寺のホテルの調理部門で11年、地元平塚のイタリアンレストランで2年、腕を磨く。その後、静岡市内の大手ホテルでスイーツのペストリー補助を5年務め、2002年にホテルプリヴェ静岡ステーションへ。ウエディングケーキを中心に、お客様に喜ばれるスイーツを提供している。「2つとも簡単にできるスイーツ。1回目はレシピ通りに。2回目以降は抹茶の濃さや甘さや固さなど、自分の好みにアレンジして作ってみてください」




あいネットグループクラブオフ情報

▲ クリックでPDFが開きます




静岡・清水
毎年大好評のお盆セール
どんなご相談もお気軽に

大切な故人様が里帰りをするお盆の時期は、お客様からのご相談も多く、おかげ様で地域トップクラスのご来場をいただいています。近年は、お盆の形も変化しているので、お部屋の雰囲気との調和など、詳しくお話を伺った上で、商品のご紹介をさせていただき、またお盆用品それぞれの意味合いなどもアドバイスさせていただいております。年に一度のセールとしてご期待に応える品揃えと価格でご用意しています。

お盆返しのご用意は
安心の引き取りサービスで

初盆を迎える方には、ご葬儀の際にご利用いただいた後飾り祭壇(木製)を、盆棚として活用できるアタッチメントをご用意しています。また、お盆中に訪問くださる方々への返礼品は、数が予想しにくいので、多めのご用意がおすすめです。余った分は返品可能で、お電話1本でスタッフがご自宅まで引き取りに伺いますのでお気軽にご利用下さい。



焼津・藤枝・島田
初盆のご相談、ご用意は
焼津、藤枝、島田の3会場

大切な方が亡くなり、初めて迎える「初盆」は、ご親族や知人などが集まり供養が行われます。初めてでわからないという方も多く、どんな準備をしたらいいのか、地元の慣習を教えてほしい、といった声にお応えして、初盆のご相談会を
3会場で順次開催いたします。志太榛原地区での初盆のお支度にふさわしい提灯、お盆飾り、返礼品を多数取り揃え、皆様のご来場をお待ちしています。

志太榛原のしきたりも
お気軽にご相談を

初盆では、故人様にお供えする霊供膳は、ご家族のお食事とは別献立にするしきたりなので、お供えする4日間の献立のご紹介もしています。また、ご僧侶様に初盆のお経をあげていただいた後、身内や親しい方にお食事をふるまう慣習に備える、ご会食用のお料理やお盆弁当などもご用意いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。





今のお肌のお悩みは?
まずは自分の肌を知る事から

あなたは今、ご自分の肌で気になる点はありますか。
鏡を見て、いろいろな角度から自分の顔をよく観察し、気になる点を左表でチェックしてみましょう。
「キレイな肌」への第一歩は、気になる点をチェックし、ご自分がなりたい肌を常に意識してお手入れすることです。
右表のお肌のトラブルは、主に加齢や紫外線、生活習慣の乱れ、冷暖房による乾燥、ストレスなどが原因です。
肌の悩みは人それぞれ、あなたに合ったお手入れをしていきましょう。
アンソワではお一人お一人へのカウンセリングを大切にして、お肌のアドバイスやお手入れをしております。
お気軽にご相談ください。

紫外線対策はお早目に!保湿もしっかりと。

この季節の肌の大敵の一つである紫外線は線量が3月から急上昇し、5月には真夏なみになります。紫外線を大量に長時間浴び続けると、肌の弾力や水分量の低下等で、シミ、シワ、たるみなどの原因になります。
外出時は日傘や手袋でUV対策をし、お肌もUVケアをしっかりしている、といっても油断は禁物。正しい洗顔と、意識して保湿をしないと肌が乾燥し、紫外線や大気中のホコリのダメージを受けやすくなります。
乾燥で新陳代謝が悪くなった肌はごわつき、シミが増え、シワも深くなっていき悪循環です。
また、紫外線や花粉、黄砂などが原因で顔にかゆみが出るなど、トラブルに悩む方の中には、原因を知らず、毎年のことだからと放置している方がとても多いのです。炎症は色素沈着などにつながるため要注意。
早目の対策が必要です。
お手入れの際は、年齢が出やすい首や手も保湿をし、マッサージをすることが大切です。


日本エステティック協会認定 エステティシャン アンソワ山田直美さん

20代前半にひどいニキビに悩まされ、良いと言われるものは化粧品からサプリメント、美顔器などあらゆる方法を試しました。
同じように肌の悩みを抱える方を「きれいにしてあげたい」の一心でエステティシャンになって32年。悩みが多かったからこそ、お客様の気持ちに寄り添いアドバイスすることができます。
お気軽にお問い合わせください。
※アンソワは日本エステティック協会の厳しい審査を通り、“安心して安全に施術を受けられる、信頼のおもてなしサロン”として「アジェステ メンバース サロン クラブ・プレミアム サロン」に認定されています。





もっと大きな安心を ワンプラスサポート
「ワンプラス・サポート」ってどんな特長があるの…?

ご葬儀をされるお客様から「会費内で葬儀をしてほしい」というご要望を受け、内容を取り決めていく中で、香典返しやご寺院へのお布施など、会費だけではまかなえない場合があります。
費用のことが心配で「思い通りの葬儀ができなかった」とご家族が後悔しないために、何かご用意できないか…という思いから始めたのが、 より広くご葬儀費用をまかなえる生命保険を活用した仕組み「ワンプラス・サポート」。
お客様のご要望に合わせたプランをきめ細かくご用意しています。
大きな特長の一つが、保険金請求のご連絡をご家族から行わずに済む可能性が高いこと。
私どもあいネットでは、会員様の窓口と保険窓口が一つなので、万が一の際に、手続きを忘れる心配もなく、速やかに確実に保険金をご家族のお手元にお届けできます。
使い道も自由なので、四十九日の法要、生活費などに幅広くご利用いただけます。

親子でご葬儀の事を話すきっかけに。ご家族の思いをこめた安心プラン

会員様と保険のお話をしながら「できれば私はこういう葬儀をしてほしい」という話題になり、それがきっかけで、送る側と送られる側の話ができたというご家族が多いようです。
ある奥様は、 ご主人様を送った際、 費用の工面でご苦労された経験から、 自分の葬儀の際に費用の用意ができていれば、家族に負担をかけずに済むと保険に加入。
「この先、気になっていたことが一つ減りました」と感謝の言葉をいただきました。ふだんから会員様をサポートする地区担当として、 ご家族の様子を見聞きしている私たちだからこそ、もしもの際にお金を届けるだけでなく、 亡くなられた方の お気持ちまでお伝えできます。ご葬儀はやり直すことのできない大切なセレモニー。お金のことで後悔してほしくない。
だから「ワンプラス・サポート」のことを知ってほしい。それが私たちのミッションだと思っています。 

あいネット保険事業部 ファイナンシャルプランナー相談診断士 田中まり


白藤の滝へミニハイク

藤枝市街地の東北部に位置する北方地区は、自然が広がるゆったりとした気持ちになれる地域です。里山に足を踏み入れれば大小七つの滝が点在する「白藤の七滝」があり、白藤が咲く季節には祭りが行われにぎわいます。
近くには新鮮野菜の販売や、農産加工体験ができる施設などもあります。
里山の自然を満喫しに出かけてみませんか。

白藤の七滝の一つ  落差33mの「白藤の滝」へ

葉梨川の上流、藤枝市北方の「白藤の七滝」は、JR藤枝駅から車で25分程度で行くことができるアクセスの良い滝です。七滝とは、葉梨川支流の白藤沢に沿って点在する大小七つの滝(行者の滝、白藤の滝、観音滝、雨乞いの滝、弥助の滝、井の滝、大滝)のことです。今回は遊歩道が整備され、気軽に訪れることができる三つの滝をご紹介します。
滝への起点となる「白藤の滝 駐車場」には白藤棚が設けられ、開花時期の5月には「白藤の滝祭り」が開催されます。沢に沿って竹林が続く遊歩道を歩き始めると、すぐ左手に「行者(おこない)の滝」が現れます。この滝は昔、近くの安楽寺を訪れた行者が修行に利用したと伝わり、小さいけれど趣きがあります。滝を前に聴こえてくるのは水音と野鳥の声。空を仰げば、重なり合う竹の葉が日の光に透けて見え、気持ちが日常から切り離されていくように感じます。
ここから山道へ入り、次の二つの滝まで約10分。木々に囲まれた道は涼しく、不動明王の石像を見たり木の橋を渡ったり、変化に富んでいて楽しく歩けます。整備はされていますが山道は滑りやすいため、履き慣れた靴でお出かけください。
最後に少しだけ急な斜面を登ると、七滝1番の絶景ポイントです。「観音滝」を左手に、緑の木々の奥に高さ約33m、幅約3mの「白藤の滝」が目に飛び込んできます。時期が合えば、長藤の木に白い藤の花が咲く景色も楽しめます。滝壺のほとりのベンチに腰掛け、森林浴をしながらマイナスイオンをたっぷり浴びれば、心身共にリフレッシュ!


「白ふじの里」で里山の美味、楽しさに出合う

滝散策の帰りに立ち寄りたいのが、駐車場から車で2〜3分、徒歩なら約15分の藤枝市葉梨西北活性化施設「白ふじの里」。地元のボランティアの皆さんが運営している施設で、里山の環境を活かした体験や遊びが楽しめます。
地域で収穫された農産物をはじめ製造直販のパンやお菓子、農産加工品などが購入できるほか、味噌や菓子づくり、そば打ちなどの各種体験ができます(体験は要事前予約。詳細はホームページ、電話でご確認を)。フラフープや竹馬、ホッピング、ぽっくりなど昭和世代に馴染みの遊具も無料で貸してくれるので、お子さんやお孫さんと世代を超えて遊ぶことができます。また白藤やホタル、彼岸花などの時期に合わせ、さまざまなイベントも開催されます(左上表参照)。周辺は四季折々の花に彩られる花畑や、葉梨神社、県指定文化財の鰐口(わにぐち)がある安楽寺など、立ち寄りにおすすめのスポットもいろいろ。滝からぐるっと巡っても1時間ちょっとで歩けるので、ハイキングを楽しんでみるのもおすすめです。



白藤の滝/白ふじの里 交通案内

「白藤の滝駐車場」と「白ふじの里」間は車2〜3分、徒歩約15分

〈 車 〉
国道1号バイパス
薮田西・薮田東インターから約5分

〈バス〉
バスでお越しの方は、しずてつジャストラインまでお問い合わせください。
しずてつジャストライン
(株)新静岡バス案内所
TEL.054-252-0505

お問い合わせ

〈白藤の滝〉
TEL.054-647-1144
(藤枝市観光案内所)
住所:藤枝市駅前1丁目1-2

〈白ふじの里〉
TEL.054-638-4155
※各種体験は要予約
住所:藤枝市北方481-1
営業:9時〜17時、火曜日休み
(祝日の場合は翌日)

藤枝 白ふじの里


知りたい&お答えします
結婚式の最近のトレンドを教えて!
近年の結婚式は、定番のカタチや既成概念にとらわれず、お二人の価値観や経済的事情に合わせて、「個性的に」「オシャレに」「手づくりで」等にこだわって「自分達らしく」行うのが主流です。
さらに、最近は「ご招待客へのおもてなし」を重視したゲスト目線の結婚式が多くなっています。例えば、ワンランク上のお料理で歓待するとか、また、コミュニケーションを大切にした演出やおもてなしをするとか……。
映像を使った新感覚の演出も人気です。
招待客数は平均で、70〜80名位。
家族や親族、親友等親しい人だけ行うアットホームな結婚式や、お子様を出産し暮らしが落ち着いてから行う“パパママ婚”が増えているのも新しい傾向です。
ちなみに、ハネムーンの人気の行き先は、順に、ハワイ、イタリア、スペイン、オーストラリア……。
最近、結婚式も多様化しています。大切なことは、お二人が「結婚式にどういう意味を感じているか」だと思います。
それによって、結婚式は二人にとって、かけがえのない大切なものになると思います。
(ロイヤル セントヨーク取材)
「ご葬儀をする意義」ってなに?
ご葬儀の意味とは?なぜご葬儀をするのか?宗教・宗派によっても異なりますが、古来より、ご葬儀は多くの人々と故人との最後のお別れの場とされてきました。
人は皆、互いに支え合い、社会的な存在として生きています。すなわち、人は“その人”を知っている「多くの人々の心の中」に生きている存在なのです。
葬送儀礼(葬儀)は、故人への切実な想い、遺された者の深い悲しみ、それらを「共有する人々と共に」心を込めて故人を送ることが、何より大切なことだと、私たち「あいネット」は考えます。

【ご葬儀がもつ意義】
① ご葬儀は、その人が亡くなったことを広く通知し、関係縁者が
  集まることによって、その死を社会的に認識してもらうことができる。
② ご葬儀は、滅びゆく肉体を埋葬し、宗教的または文化的な
  儀式によって、故人の鎮魂・冥福を、関係縁者が時と
  場所を同じくして祈ることができる。
③ ご葬儀の一連の過程は、遺された者の心の切り替えの一助となり、
  心に平安を与えることができる。
④ ご葬儀は、家族が故人に代わって、生前お世話になった方々に
  感謝の気持ちを伝える場でもある。
⑤ ご葬儀は、他者の死を通じて「自己の生き方」を考えさせ、
  「生あるものは、必ず滅すること」「命の大切さ」を
  再認識させることができる。
近年、価値観の多様化、個人主義、高齢者世帯の増加等で、ご葬儀が多様化してきました。しかし、どんなに時代が変わろうと、最後のお別れは、「命を尊び」「感謝の心を胸に」「人と人とのつながりを大切に」ご葬儀を手厚く行いたいものです。
いま、終活中です。「あいネット」は、どんな相談にのってもらえるの?
“終活”には「財産・相続等に関する整理」「医療・介護に関する準備」「ご葬儀等に関する準備」「セカンドライフの準備と活動」が挙げられます。
“終活”は、家族のことを思いやり、自分の人生の終わりを元気なうちに生前整理し、残りの人生を安心して、より良く生きていくための活動です。
あいネットでは、終活のうち“ご葬儀等に関する準備”についてのご相談を承っています。

【ご相談対応の主な内容】
① ご希望するご葬儀のカタチ・会場等について
② 費用について(見積り作成)
③ 祭壇・遺影・料理等について
④ その他、必要な準備事項のご希望について
⑤ 墓地・墓石・仏壇等について
⑥ 永代供養・自然葬等について
⑦ その他、ご葬儀・仏事全般
あいネットでは「財産・相続等に関する業務」を行う各専門家の方々と提携しています。ご相談がスムーズに進められるよう手配することができます。
また、エンディングノートの活用についてのご相談も承っています。

※ご相談申し込みは、事前に左記にご連絡を……
・あいネット TEL054-288-0500
・あいネット清水 TEL054-371-5777
・あいネット(藤枝) TEL054-644-9035
・平安祭典静岡 TEL054-285-1411
・平安祭典清水 TEL054-351-2200
・平安閣 TEL0120-444-254



Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.