aiNET PRESS Vol.90


『あいネッコ』誕生!

同窓会プラン

「平安会館」新たなステージへ。



クラブオフお得情報

トータルLifeサポート

暮らしのサポート



ワンプラスサポート

島田さんぽ

知りたーい!お答えしまーす!

『あいネッコ』誕生!

制作者は清水出身のデザイナー。
エリザベートとのご縁もあり、
お母様のすすめで応募。

マスコットキャラクターの公募は、あいネット会員の母から聞いて知りました。清水で生まれ育ち、エリザベートは子どもの頃はお祭りなどでよく行った場所で、結婚式でもお世話になったので、恩返しができればと、応募しました。まず名前から発想を広げ、「あいネット」を連想しやすいように語感が近いもの、子どもから高齢者まで親しみやすいものを、と考えました。次に動物のモチーフがいいのでは、と考えを巡らせたときに、最初に思い浮かんだのがネコ。「あいネット」と「ネコ」で「あいネッコ」。“ぴったり合った!”というカンジでした。デザインでは、目の部分にロゴマークであるハートのモチーフを取り入れ、結婚式でお世話になったスタッフさんが身につけていたスカーフを、あいネッコの首にも巻いてあげました。



愛らしい姿にあいネットとお客様をつなぎ、
寄り添っていくイメージを込めて

キャラクターを生み出す際に大事にしたのは、どんな役割を担っていくのか?ということです。互助会の仕事をしている社員の方の姿を思い浮かべながら、小さなお子様からご高齢の方まで、お客様との距離を近づけて、身近に感じてもらえる存在になってほしいと考え、「あいネッコ」の性格の設定は、楽しみながらイメージをふくらめていきました。
エリザベートでの結婚式の際に、一緒に笑ったり、うれし泣きしたりと、親身になってお世話をしてくださったスタッフさんのように、「あいネッコ」もお客様に寄り添うようなキャラクター、スタッフとお客様をつなぐキャラクターに育ってくれたらうれしいです。


あいネットグループが掲げる「人と人とのつながりの大切さ」
このメッセージを広げ、多くの方々に伝わることを願っています。

今回のキャラクター募集では、予想を超える数のご応募をいただき、選考作業はうれしい悲鳴が伴いました。福井さんの作品は、第一次選考の社員投票でも高得点をマーク。
最終選考では、キャラクターづくりのコンセプトがしっかりしていること、プロフィールに地元愛があふれていること、シンプルなデザインで展開しやすいことなどが決め手となりました。今後は、着ぐるみを制作してイベントに参加させたり、ホームページ上や各誌面で、グループ施設や商品の案内をしてもらう等、いろんなシーンで活躍してもらう予定です。お子様や若い人たちにもあいネットグループを身近に感じていただき、あいネットとお客様、さらにはお客様同士をつなぐ架け橋になってほしいと思います。






「平安会館」が「あいネットホール」として、新たなステージへ。

ご自宅のように寛げる「我が家」で、
おもてなしの心はそのままに。

およそ50年にわたり、志太榛原地区の皆様から信頼をいただきました「平安会館」の名称が、この秋から「あいネットホール」となりました。 これまで大切にしてきた「思いやりとやさしさの心」はそのままに、あいネットグループが掲げる「人と人とのつながり」を重んじたおもてなしを心がけています。志太榛原地区のホールでは、遺族控室を「我が家」と名付けています。お通夜を通して、ご遺族様とご親族、そしてご友人様たちと語り合い、思い出を分かち合う…ゆとりのある温かな空間をご用意しています。お通夜の晩は、ゆっくりと故人様とともに、「ご自宅のように」お過ごしいただけます。

静岡県中部エリアをカバーする
あいネットグループの式場ネットワーク。

藤枝、焼津、島田の3市にバランスよく6会場をご用意しています。大井川や金谷地区など、地域ごとに異なるご葬儀の慣習にも、1級葬祭ディレクター(在籍数業界トップクラス)をはじめとした、地元を熟知した経験豊かなスタッフがお応えしています。 静岡地区の11会場とあわせて静岡県中部エリアをカバーするネットワークが生まれたことで、広域な範囲でのご要望にもお応えできるようになりました。また、災害等の緊急時には、あいネットホールを一時的な待避場所として開放し、地域のお役に立てる体制も整えています。

家族葬から一般葬まで
様々な形のご葬儀をお手伝い。

故人様とのお別れを、どのように過ごされるのか…ご遺族様によって、思い描く形は様々です。
あいネットホールでは、地域ごとに根づくご葬儀から、家族葬など、どんなご要望にも幅広くお応えし、ご遺族様の想いを形にしていきます。宗教・宗派を問わず、お通夜からご葬儀、精進落としの御席までご自宅のようにゆっくりとご利用いただけます。


オリジナル創作料理「なごみ膳」など
おもてなしのお料理に心を込めて。

ご葬儀後の払いの御席は、会葬者様への感謝とともに、故人様を偲び、思い出を語り合う、大切なひとときです。地元・駿河の食材を活かした創作料理『なごみ膳』は、遠方からお越しのご親族にもご好評をいただいています。

これからも地域の皆様と共に。

あいネットグループは、創業57年。皆さまのご信頼をいただき、静岡・藤枝・伊勢地区で年間約6,000件のご葬儀をお手伝いさせていただいております。
私たちは、このご葬儀という人生の大切な儀式を通して、これからもご遺族様の想いを大事にし、一緒に考え、お手伝いしてまいります。そしてご葬儀後の様々なご心配事にも、サポートをさせていただきます。ご遺族様のこれからの未来に向けて、少しでも手助けができるよう努めてまいります。



お問い合わせは フリーコール0120-444-254




あいネットグループクラブオフ情報

▲ クリックでPDFが開きます



認知症を予防し、健やかに
早期発見が大切。治療で治る場合も

加齢による物忘れはヒントがあればすぐに思い出すことができますが、認知症の場合は物事全体が記憶から抜け落ち、進行性で日常生活にも支障をきたします。認知症の一歩手前「軽度認知障害(MCI)」の段階でいかに早く気づき、対策を行うかがその後の明暗を分けます。認知症の進行は本人が気づかないことが多いため、身近な人が気づいてあげることが大切です。「病気から発症している場合は治療をすれば治ります。おかしいなと思ったら、かかりつけ医などにすぐご相談を」と櫻井さん。専門医療機関の設置も全国的に進んでおります。県内12カ所の認知症疾患医療センターのうち中部エリアは3カ所が静岡市、1カ所が焼津市にあるのは心強い限りです。
「人付き合いがなく、一日誰とも喋らない人は進行が早いという事例をたくさん見てきました。自分から積極的に周囲と関わることはもちろん、地域の方も声かけなど、孤立させないよう配慮することで防止できます。また認知症になっても、周囲のサポートがあればそれまでと変わらない生活を継続することが可能です。そのためにも認知症に対して正しく理解してもらうことが必要です」と櫻井さん。地域の一員として何ができるか、どう関わっていくか私たちも考えたいものです。

お話を伺った方 櫻井知世さん

静岡市在住。株式会社櫻ブレイン代表取締役、静岡県認知症高齢者グループホーム連絡協議会副会長兼理事。介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、認知症介護指導者、認知症ケア上級専門士、心理カウンセラー。グループホームの管理や計画作成、支援・相談窓口を務めるほか、教育指導や講演で東奔西走の日々を送る。
「静岡を日本一、認知症の方に優しいまちにするのが夢。」





暮らしのサポート 具たくさんの食べるお味噌汁

静岡市清水区生まれ。清水や静岡の料亭で腕を磨いた、この道一筋の和食の達人。披露宴の席では、幅広い年齢層のお客様に喜ばれる料理の提供を心がけている。「出汁(だし)をとるのはそれほど大変でないので、やってみてください。秋から冬にかけ白みそに合うのは里イモや大根、カブ、ゴボウ、レンコンなどの根菜類。ご家族の中に白みその甘さが気になる方がいたら、お好みでユズコショウを溶き入れていただくのもおすすめです。」







ばらの丘公園

エリアごとに種類・色分け
希少な品種も多数

全国有数のバラの産地として知られる島田市。平成4年に開園した「島田市ばらの丘公園」は広さ約6,000坪の園内に約360品種、8,700株の世界各国のバラが植栽されています。
丘の斜面を利用した花壇は、エリアごとに種類と色が分かれています。園内を入って正面につるバラのアーチ、右手に大輪品種や花博ゆかりのバラ。左手の円形バラ園では、皇室やモナリザなどの人名が付いたバラ、同園生まれの「帯姫」を見ることができます。「ほとんどの株が開園当時のもので、現在では希少な品種も多いためバラ愛好家によく驚かれます」と植栽管理責任者の森下裕章さん。

香りを楽しみたければ朝一に
栽培教室も開催

バラの香りは揮発性で気温上昇とともに薄くなってしまうため、香りを楽しみたければ開園直後が狙い目。温室内にある「香りの部屋」ではバラの香りを7タイプに大別して解説、香りを試しながら自分好みの品種を見付けることができます。
栽培方法に関心がある方は月2回開催されている「バラの育て方教室」へ参加を。また「バラの苗木オーナー制度」を利用すれば、公園管理の元、自分のバラを持つことができます。

イベント盛りだくさんのフェスティバルを開催

5〜6月と10〜11月の開花期間に合わせ、フェスティバルが開催されます。2017年秋は10月14日(土)〜11月12日(日)に、バラ苗の販売やミニコンサート、各種体験教室、ガイドツアーなどが催されます。お子さんがドレスに着替えて園内で撮影を楽しめる「フェアリーキッズ」も大人気。
毎月最終金曜日の「プレミアムフライデー」は、開花期間は入園料が無料になり、公園向かいの「ハートローズ」で買い物をするとソフトクリーム券がもらえるうれしいサービスがあります。



バラの香りに包まれた店内には服飾、アクセサリー、アロマ、食器などさまざまなバラ関連の商品が並びます。バラが香るソフトクリームや炭酸飲料なども味わえます。

●島田市野田1633-1
 (公園目の前/ばらの館1F)
●Tel.0547-37-0577 ●火曜定休


円形バラ園から園内全景をワイドに撮影。
花の色は晴天より薄曇りぐらいがきれい。雨上がり、花びらや葉に水滴が付いている様子も素敵。結婚式の前撮りも人気。撮影は事前に園に電話連絡を。


展望台への中腹にある「幸せを呼ぶ鐘」の隣りにこの春オープン。対象は小型・中型犬。園内は抱き上げるか、持参のカートなどで移動を。



お話をうかがった方

植栽管理責任者 森下裕章さん

平成24年から(株)特種東海フォレストが指定管理者として運営に当たる。開花期間以外も次のシーズンに向けたケアや管理など作業は多い。
「バラは雨が降れば病気にならないか、降らなければ水は足りているかと心配になり、手がかかる分だけかわいく感じます。品種や育て方などについてのご質問は、気軽に園内スタッフへお声かけください。」


【所 在 地】
島田市野田1652-1

【開園時間】
9:00〜 17:00
(12月〜3月は16:00まで)

【閉 園 日】
火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
※5・6・10・11月の開花期間は無休

【入園料】
開花期間のみ一般300円 、小中学生150円
※未就学児無料
※入園者はドッグランも無料で利用可能





知りたい&お答えします
婿養子の場合、結納や結婚式のしきたりはすべて逆なの?
正確に言うと、「婿」とは、女性側の姓に男性が改姓することをいい、単に女性姓を名乗ることを指します。
一方、「婿養子」とは、まず男性が女性側の両親と養子縁組をし(女性側の姓となる)、さらに、その「家」の「娘」と入籍(婚姻届を提出)をすることです。
婿養子の場合、いわゆる新郎家から新婦家へ嫁ぐという形になるので、通常の婚姻(嫁入り)と逆の形式になるのが昔からの習わしです。
例えば、結納をする場合、女性側の家が男性側に結納をおさめ、男性側から結納返しを贈ります。
また、「結納飾りの色」が、男女反対になります。
女性側から男性側への結納飾りは、グリーンまたは青。男性側から女性側への結納返しは赤になります。
結婚式の場合も、ご披露宴会場のレイアウトは通常の逆で、メインテーブルに向かって右側が新郎側、左側が新婦側。新郎新婦の座り位置もいつもと逆。
また、親族紹介は新婦側から。ご披露宴の締めの両家代表謝辞も新婦父から……など、というように通常の逆パターンにするのが習わしです。
しかし、現在はそれをあまり好まない方が多く、婿養子などを特にその場では披露せず、結婚の披露のみを主とした宴になることがほとんどです。
婿養子縁組の結婚式については、ご両家の意向が大きく含まれてくる部分なので、どのような結婚式にするかは、両家の話し合いで決めると良いでしょう。
もしもの時……事前に心得ておきたいことって?

いざ ご葬儀の時、限られた時間の中で準備したり、決断しなければならないことが様々あります。
縁起でもないと思いでしょうが、その時に慌てないためにも、事前に準備・確認事項を心得ておけば、不安や疑問も解消されるはずです。
左記は、その時のための主な事前チェック事項です。

【身の回りの事前チェック】
① 生前に本人に会わせたい方を確認
② ご葬儀に関する希望を、できる範囲で確認。
③ 本人の預貯金等を確認
 (預貯金・生命保険・不動産・有価証券等の有無=
  ご葬儀後の相続や諸手続きを行う際に必要)

【葬送の事前チェック】
④ ご安置場所を自宅か式場か確認
⑤ 役所手続きに必要な本籍地の確認
⑥ もしもの時の連絡リストを把握
⑦ 宗旨・宗派・寺院の把握
⑧ 喪主の決定
⑨ 本人らしい写真の準備
⑩ 棺に入れる遺品の確認
⑪ 家紋の確認
⑫ 本人のプロフィールを確認

※最近は、人生の終わりを安心して、より良く生きるためにの「終活」の一環として、「自分の葬儀」や「親の葬儀」を、生前から整えておく方が増えています。          

喪中のときの新年の迎え方・過ごし方は?

近親者が亡くなって一年間が服喪期間です。その間、昔は厳格な決まりがありましたが、現在は、祝い事や礼儀以外は、残された人たちの気持ち次第というのが一般的です。下記はその例です。

【新年の迎え方】

喪中はがき=毎年年賀状のやり取りをしている方に、月下旬までに届くよう郵送します。
お歳暮=お礼の気持ちを贈るものなので、差し控える必要はないようです。
神棚のしめ縄の取換え=忌明け後なら大丈夫です。
正月飾り=門松や鏡餅などはお祝いの意味があるので、人目を考えたら控えたほうがよいでしょう。
年越しそば=金運や健康長寿を願うものなので、食べても良いでしょう。

【新年の過ごし方】

初詣・お墓参り=お寺へのお参りは差し支えありません。神社の場合は場所によって異なるので、事前に問い合わせましょう。
年始の挨拶=「おめでとうございます」は控え、「昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします」が適当だと思います。
おせち料理=おめでたい献立は避けます。(紅白かまぼこ・紅白なます・尾頭付き鯛・赤い海老など)
寒中見舞い=喪中に年賀状をいただいた方には寒中見舞いを、松の内(1月7日)が過ぎてから一月下旬までに出します。喪中はがきを出していたのにいただいた場合も同様です。



Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.