aiNET PRESS Vol.92


こどもの結婚が決まったら

BLISS誌上見学会

あいネッコ誕生記念
スペシャルプレゼント



あいトレ「防災セミナー」

ワンプラスサポート

クラブオフ

社員紹介



暮らしをサポート

採れたて野菜に魅せられて

お盆Q&A

親ごころウェディング こどもの結婚が決まったら!
結婚式は誰のため?今一度考えたい結婚式の意義

 最近の傾向として1.5次会のような友人中心の気軽なウエディングや、こじんまりした会を希望されるカップルが増えています。しかし親御さまの立場からは、親戚にも披露したい、相手のご親族にもきちんとご挨拶したい、という声が聞かれます。ご親戚を招待するかしないかで、披露宴のスタイルも大きく変わります。ご友人だけなら披露宴会場を動き回るような、立食形式でも楽しめそうですが、年配の方々は蚊帳の外に感じてしまうかも…。また、ご親戚が列席する場合は、余興ばかりでなく挨拶回りも必要ですが、ご本人たちは、もっと気軽にしたいという希望があるかもしれません。
 その時に考えていただきたいのが、『結婚式は誰のために、何のために開くのか。』ということです。『結婚式』は、確かに主役はお二人ですが、お世話になってきた方々に感謝し、これからお世話になる方々に結婚をお披露目する大切な機会でもあります。たくさんの方から多くの祝福を受ければ、力強く新たな第一歩が踏みだせるのではないでしょうか。


感謝の気持ちをさまざまな演出に込めて

 定番だった花束贈呈は、いまはお父さまには好きな日本酒、お母さまには趣味を楽しむグッズなど、贈る品もさまざま。両親の結婚記念月に結婚するカップルの中には、ケーキ入刀を4人で行うサプライズ演出も。また披露宴では、歓談の時間の余興を見直し、ご出席のお客さまも一緒に楽しんでもらえるイベントをたくさん盛り込んだり。プランナーもお二人の想いをじっくりヒヤリングし、皆さんに喜んでもらえる場面を一緒に企画していきます。








ロイヤルセントヨークBLISS誌上見学会
例えば入場シーンは
ウォーターテラスから。
開放感の中で、幸せに乾杯!

 会場外では水と光、会場内では木と緑に包まれるナチュラルな空間は、そこにいる誰もが自然体で過ごせる雰囲気になっています。会場と一体になった開放感あるテラスは、ウォーターパフォーマンスで盛り上がるウエルカムパーティのステージはもちろん、新郎新婦が中座の間も写真撮影をするなど、自由に過ごしていただけます。時間とともに移ろう景色も楽しんでいただきたいと思います。

おいしい香りもご馳走。
ライブキッチンから
出来立てのお料理を。

 アイランドスタイルのキッチンで次々と仕上がっていく出来立てのお料理。温かいものは温かいまま、ベストなタイミングでお料理をお召し上がりいただけるようにしています。食材やシェフの手元が見えるライブ感も、お料理の楽しいエッセンスです。
 360度の角度から出入りできるオープンキッチンを活かし、新郎新婦がケーキを仕上げるといった演出も可能。笑顔が広がるおいしい時間をお届けします。


満足度もランクアップ
パティシエが仕上げるデザートビュッフェ

 ゲストが自由に席を立ってお好みのデザートを好きなだけ楽しめるデザートビュッフェは、女性だけでなく様々なゲストに人気です。ブリスでは、クレープやワッフル、タルトなどをパティシエがその場で仕上げてくれるので、ゲストのワクワク感も倍増。
ライブキッチン、ウォーターテラスのどちらもご利用いただけます。


 新会場「ブリス」の魅力をご紹介させていただきましたが、実際に足を運んでいただき、ご体感いただければと思います。気になる点などございましたら、ぜひ直接スタッフにおたずねください。お待ちしております。







あいトレの防災セミナーで「わが家のやるべき事が、わかりました。」

 セミナーは講義と体験の二部構成で、まず専門家から県内の被害想定についてのお話がありました。
 もし駿河トラフ・南海トラフ地震が発生したら…予知なしで夏の昼間発生、レベル1の場合、死傷者は約9万4000人、全壊焼失の建物は約22万3000棟、半壊は約23万2000棟という数字が。家の倒壊で命を落とすことがないよう、特に昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅は、市で無料の耐震診断が受けられるので一度診断しておくことが大切。
 また、地域の自主防災活動への参加、1週間分の食料と飲料水の家庭備蓄の心がけ、家族の役割分担についての話し合い、落ち合う場所を決めておくことも大切です。「まずはケガをしないで、家族全員が生存することを考えるのが大事との話が印象的でした」とご主人。


 葬祭会館にいる時に地震が発生、という設定で、スタッフ誘導のもと実際に避難を体験。「通路がふさがれていると逃げられないので、廊下や階段に物を置かないよう気をつけるようになりました」と奥さま。
 消防署協力による本格的な避難訓練。普段なかなか体験できない『煙トンネル』や『水消火器体験』は、子供たちが率先して参加し「楽しかった」と口をそろえます。「家族そろって防災訓練をする良い機会になりました。あい★トレはテーマ設定が幅広く、親子で参加できるものもあるので毎回楽しみにしています」。







あいネットグループクラブオフ情報

▲ クリックでPDFが開きます




お客様の声を、「かたち」にする…
それが一番大事。

入社時から現在まで、祭典でご葬儀の打ち合わせ業務をしております。また進行係として、お通夜・ご葬儀に携わることもあります。ご遺族様にとってご葬儀は、ほとんどの場合が突然のことですので、どうして良いかわからない状態です。時間に追われ慌ただしくあれこれと決めてしまい、ご遺族様が後で後悔されることのないように、ご葬儀の意味をきちんと説明させていただきます。また、ご相談しやすい雰囲気づくりを大切にしております。ご遺族様の想いをうかがい、心に残るご葬儀のお手伝いができればと思っております。また、安心して故人様とお別れをして頂けるひとつとして、「エンバーミング」もご提案をしています。当社の強みは各担当者が全体の流れを見て情報を共有し、チームが全力でサポートをしていくところです。誠心誠意、常に最善を尽くすよう心がけております。


終活を前向きに捉え、
一緒に考えていきたい。

新しくできた法人営業係に所属し、主な業務は新規顧客の開拓や、提携先の会社を訪問し、あいネットの良さを知っていただく活動です。お客様をご紹介いただくような営業、イベントの企画や各種説明会の準備、当日のアテンドなどです。お会いする方が、目上の方ばかりなので緊張する毎日ですが、お客様とお話しする事は楽しく、やりがいを感じております。終活についてもお話しすることもありますが、ご家族のためにも、お客様のこれからの人生を悔いなく楽しく過ごしていただくためにも、終活の大切さに気づいていただければと思っております。イベント時に実施している「ハッピーエンディングカード」は、ゲーム感覚で介護や、ご葬儀、墓地、相続などに対しての、お客様の考えが整理でき、備えるべきものを具体化できるので、とても好評です。是非皆さまもお気軽に体験しに来てください。




暮らしをサポート 野菜パフェ



1969年愛知県豊田市生まれ。名古屋で料理の基礎を学んだ後、単身渡仏。約4年間2つ星店を中心に修行し、帰国後、名古屋、沖縄、北海道のホテルやレストランで料理長を務め、国際会議での各国首相への晩餐会の指揮を執る。2012 年リッチモンド料理長就任。現在は奥様と藤枝市在住。「鮮やかな野菜を使うとキレイに見えます。楽しみながら作ってみてください。」





静岡市街地から車で約50分、
「オクシズ(奥静岡エリア)」と呼ばれる安倍奥の俵峰では美しい自然環境の中、
お茶やワサビ、野菜などさまざまな農作物がつくられています。
あいネットが開催する「きずなマルシェ」でも、望月さん一家が育てる採れたて野菜の販売が人気です。
旬の野菜がすくすく育つ農園を見学させていただきました。

 静岡市街地から安倍街道を北上し、ふもとの俵沢のバス通りを曲がり山間(やまあい)へ。途中、急斜面には「静岡県棚田等十選」選定の石積みの美しい段々茶園が広がり、その中を縫うように整備されたつづら折りの道を進み山頂を目指します。
 標高500メートル、周囲を高い山々に囲まれた俵峰は、安倍七騎伝説が残る土地。キュウリの切り口が津島神社の神紋のようだからと代々、栽培しない家があったり、近くに居館があったお殿さまが、戦に勝利し帰ったら餅をつくように言い残して出かけたまま戻らなかったことから、正月に餅をつかない風習が残るなど、昔ながらの生活を大切にする50世帯ほどの集落です。竜爪山や真富士山などへの登山口にもなっています。


 望月家は2万6000平方メートルの敷地でお茶を栽培し、沢でワサビを育ててきた農家。野菜は自家用につくる程度でしたが、直売所などで販売が増えるのに伴い畑を広げてきました。
  市街地に比べて温度が3度ほど低く、朝晩の寒暖差がある土地は野菜づくりに最適。「夏、平地が暑過ぎて野菜ができないときも、ここは涼しいから大丈夫。冬も、白菜やキャベツなど寒さにあたって甘みが増し、おいしくなる野菜ってたくさんあるんですよ」と庄司さん。


 野菜づくりは主に母娘が担当し、年間を通して実にさまざまな野菜を栽培。
「きずなマルシェ」出店時にも毎回10数種類の野菜が並びます。
「皆さんの期待に応えたいとやっていたら、いつのまにか品種が増えていました。
芋類だけでも10種類ほどつくっています。それぞれ生育に適した時期があるため、そこに配慮しながら栽培計画を立てます。高地を生かし、秋・冬野菜を少し早目に出荷できるのが強みです」と絹代さん。珍しい野菜にもチャレンジ。新しい種を見つけると、とりあえず作ってお客さんの反応を見るそうです。




お盆Q&A
初盆の準備と供養の仕方は?

ご家族が亡くなって、初めて迎えるお盆を「初盆」または「新盆」と言い、特に丁寧に供養します。初盆には、近親者や親族だけでなく友人や知人を招待する場合もあり、ご遺族にとっては忌明け後に行う大切な法要のひとつです。

《準備すること》
●1ケ月前までに
@初盆法要の日程を決定
初盆には、一般的に菩提寺の僧侶に棚経をあげてもらいます(一般的に14日または15日)。檀家の数によっては、前倒しで行う場合があるので、菩提寺に早めに相談して下さい。
A返礼品の準備
初盆供養に来て頂いた方への返礼品の準備をします。
B初盆用の盆提灯を購入
Cお盆棚(精霊棚)の準備
D盂蘭盆会の出欠の連絡
お盆の期間中、菩提寺では盂蘭盆会という法要を執り行います。参列する場合は、菩提寺に連絡しておきます。

●お盆月に入りましたら
@お盆提灯のお支度
A新しいロウソクやお線香、迎え火や送り火などのお支度
Bお盆棚のお支度
Cお供物のお支度
Dお墓の掃除(13日のお墓参りに合わせて行う場合があります)

《初盆供養の仕方》
●13日(お迎えの日)
@ご仏壇からお位牌を出し、お盆棚の中央に置き、お供物や仏花を供え、ご仏壇の扉は閉じておきます。※〈図A〉参照
A日中にお墓参り
B夕方、 迎え火を焚きます

●14日〜15日
@僧侶を招いての初盆法要
※お盆の期間中は灯明を絶やさず、お水やお供物は毎日交換。 ※〈表B〉参照

●16日(お送りの日)
@送り火を焚く



盆提灯の正しい飾り方は?

盆提灯は、故人の冥福を祈り感謝の気持ちを込めた供養であると同時に、故人の霊が迷わず帰ってこれるようにするための目印の役割を果たします。したがって、盆入りまでには飾り、片付けるのは盆明け以降になります。
●通常は絵入りの盆提灯ですが、地域によっては初盆に白提灯も飾ります。
●絵柄の入った提灯はお盆棚の両側に飾ります。初盆用の提灯は玄関先や縁側の軒先に、または仏壇脇や玄関の内側に飾ります。
●お盆が終わった白提灯は、菩提寺に事前に確認し供養をお願いするか、地域の指定回収等をご確認ください。
●絵柄の入った提灯の方は毎年使うので、箱などに防虫剤を入れ保管します。

マンション等でのお盆の迎え方は?

住宅事情により大きなお盆棚を置くことができない場合は、高さの低いテーブルをご仏壇の前に置いて、お盆棚として使うと良いでしょう。
●用意したテーブルに、まこもを敷きます。
サイズに合う、まこもが無い場合は白い布を敷きます。
このテーブルの上に、奥からお位牌、生花、そして広さに応じたお供えものを飾ります。
●提灯も一つ、もしくは一対置きます。故人の霊を迎えるという気持ちが込められていれば、お盆棚の大きさや提灯の数は関係ないものです。
●マンションなどで迎え火や送り火ができない場合は、白提灯で代用します。

協力 : 【静岡仏壇センター長】 鈴木幸司、【藤枝仏壇ショールーム長】 杉本泰伸





Copyright(C) 2005 AINET GROUP. All rights reserved.