採用情報
トップメッセージ TOP MESSAGE
あいネット部門 人として、支え合う仕事。 あいネットの会員の方々は、日頃からイベント参加や情報提供など様々なサービスを受けられ、 ご家族のご結婚やご葬儀の際には、多くの特典をご利用いただけます。 そのご入会を促進したり、会員の皆様の暮らしを様々にサポートするのがあいネットのスタッフ。 そこには通常の接客や営業にはない、人と人との信頼の絆があり、 スタッフの意欲を、やりがいを、人間力を高めています。

信頼されるやりがい。
つらいときに、救いになれるやりがい。
雑談OK。そんな仕事って珍しいと思いませんか。
私の仕事は、担当エリアに暮らす会員の皆様のお宅をまわって、
私たちが企画したイベント(婚活を意識したパーティや、セレモニーのマナーや費用のセミナー、
会場の見学会などなど)のご案内をしたり、会員のご家族が結婚をされるときや
万一ご不幸があった時には、誰よりも率先して会員様をサポートすること。
その使命を果たすには、日頃から私自身が頼られ、心を許せる存在でなければなりません。
だからこそ雑談も含めた普段のコミュニケーションが大切なんです。
社会情勢やスポーツの話をすることもあれば、相談を受けることもしばしば。
お伺いするタイミングが少し空くと「どうしたのよ」と心配されることもあります。
自分の親やそれ以上の年齢の人から、そこまで信頼される。私がこの仕事で実感する最大のやりがいです。
大げさに言えば会員の方々の人生を支えている、と同時に私も会員の皆様に支えられているんです。

こんなことがありました。
娘さんがご婚約をして東京で式場を仮予約。それを聞いたお母様が娘さんを説得し、
静岡の私たちグループの施設で挙式してくださることになりました。
お母様いわく「佐藤さんに任せたかった」。私が支えられた好例です。
また、息子さんたちご家族が九州に出掛けている間に、
ご主人に急逝された奥さまから「助けてほしい」と夜に電話を頂戴したことがありました。
もちろん急行し、ご葬儀の手配をはじめ色々なサポートをしました。
葬儀の後、お母様や息子さんたちから「あなたがいなければ父を送り出せなかった。」
この言葉が、私をワンランク上のステップに連れていってくれるのです。

ブライダル志望だった学生時代、身内の葬儀でスタッフの言葉や動きに感銘を受けました。
悲しいことだけど、彼らがいてくれて救いになった。
その瞬間「つらい時に救いになる仕事」の素晴らしさに気づくことができました。
そしてブライダルにも葬儀の仕事にもかかわることのできるのが、あいネットだったのです。
で、入社したらその両方だけでなく、ふだんの暮らしでも支えたり支えられたりしている。
仕事って、誰もがつらく感じたり、嫌になる時がある、
と言いますが、私は一度もそんなことを思ったことがないんですよね。